中国・韓国チーム

 2014年11月30日から12月13日までの日程で、中国・韓国チームを招へいした。参加者は各国5人計10人(うち女性4人)で、1人を除き来日は初めてであった。
 両国とも日本の社会・労働事情についてはかなり周知しており、参加者は、非常に熱心に講義を聴き、講義に対するものだけではなく訪問先でも多くの質問・意見が出された。とりわけ、韓国からは抱える課題(高齢化や非正規労働者)が日本と共通していることから熱心な質問等が出されていた。また、2週間のプログラムを通して、2国間の交流と相互理解が進んだことは非常に有益であった。さらに、2国間の交流を深めたいとの感想も聞かれた。
 労働講義では、労働者の権利は多くの法律、判例のもとで守られていることを理解した。また、韓国では「中規職」という正規と非正規の中間に位置する職位が提起されていることや、中国の法律では、差別が禁止されており、同一労働同一賃金、男女平等であることなどが意見交換の中で出された。日韓の非正規労働者の置かれている現状と課題等については理解が深まった。
 連合兵庫への訪問は、選挙期間中ということもあり、地方連合会における選挙の応援等についても理解が得られた。また、意見交換では、春闘における非正規労働者への支援、組織拡大等について質問、意見交換がされた。ハローワークの訪問では、ハローワークの運営のための財源や失業の認定、保険料、障害者や高齢者雇用問題まで幅広く、質問・意見が出されていた。また、コンピューターによる全国規模の求職活動ができるため、希望する職業の有無等について検索する体験を行なった。
 工場視察は、川崎重工㈱兵庫工場を訪問し、北陸新幹線の車両や札幌の地下鉄車両(タイヤの車輪)などの製造現場を視察した。
 日本生産性本部の講義では、中国側から、中国でも職場改革、合理的提案など企業別で取り組み、コスト削減、技術革新などに大きな力を発揮している。日本では労働者が具体的にどのように取り組むかとの意見、質問が出された。

今回ご協力いただいた関連機関一覧

基幹労連連合兵庫
ハローワーク神戸川崎重工業㈱兵庫工場
川崎重工労働組合

皆さまどうもありがとうございました。

中国・韓国チーム参加者

中華全国総工会(ACFTU)

1.氏 名Mr. Qin Shaoxiang
チン シャオシャン
 所 属中国労組ネットワークセンター
 役 職主任
 組合歴20年

中華全国総工会(ACFTU)

2.氏 名Ms. Liu Hongmei
リュウ ホンメイ
 所 属中華全国総工会(ACFTU)
 役 職人事部処長
 組合歴20年

中華全国総工会(ACFTU)

3.氏 名Mr. Wang Yafei
ワン ヤフェイ
 所 属中国労働運動研究所
 役 職副研究員
 組合歴6年

中華全国総工会(ACFTU)

4.氏 名Ms. Sun Lijuan
スン リージェン
 所 属中国機械冶金工会
 役 職幹部
 組合歴6年

中華全国総工会(ACFTU)

5.氏 名Mr. Lin Chengen
リン チェンウン
 所 属中華全国総工会(ACFTU)国際部宣伝処
 役 職副処長
 組合歴15年

韓国労働組合総連盟(FKTU)

6.氏 名Mr. LEE Ok-nam
リー オクナム
 所 属韓国労働組合総連盟(FKTU)組織局
 役 職次長
 組合歴9年

韓国労働組合総連盟(FKTU)

7.氏 名Ms . PARK Hyun-mi
パク ヒュンミ
 所 属韓国労働組合総連盟(FKTU)総合研究所
 役 職主任研究員
 組合歴18年

韓国労働組合総連盟(FKTU)

8.氏 名Mr. YI Eun-ho
イ ユンホ
 所 属韓国労働組合総連盟(FKTU)広報局
 役 職局長
 組合歴8年

韓国労働組合総連盟(FKTU)

9.氏 名Ms. SON Misuk
ソン ミスク
 所 属FKTUインチョン地域法律サービスセンター
 役 職部長(法律カウンセラー)
 組合歴15年

韓国労使発展財団・国際労働協カセンター(KOILAF)

10.氏 名Mr.JUNG lm Shik
ジュン インシク
 所 属韓国労使発展財団(KLF)労働組合
 役 職国際労働部長
 組合歴4年

参加者の様子

グループ討議のようす

労働事情を聴く会

非正規労働者の講義

ハローワーク神戸訪問

連合兵庫役員との意見交換

川崎重工労働組合のみなさんと