「連合・愛のカンパ」 第3次海外NGO事業フォローアップ視察の実施

SVA活動地のカンボジアスラム周辺のゴミ捨て場

 「連合・愛のカンパ」による支援を受け、海外で活動するNGO・NPO事業を視察するフォローアップ視察を11月14~21日、カンボジア・ラオスで行い、連合および構成組織より合計9人が参加した。視察事業は連合・連帯活動局と共催で実施している。
 「連合・愛のカンパ」事業では、社会貢献活動として、連合組合員から募ったカンパで国内外のNGO・NPO団体などの事業・プログラム支援を行っている。フォローアップ視察は2008年度から毎年実施しており、今年度3回目を迎えた。今回はカンボジアとラオスを訪問し、(1)カンボジアでは国際協力市民の会(シェア)、シャンティ国際ボランティア会(SVA)カンボジア事務所、日本国際ボランティアセンター、幼い難民を考える会(2)ラオスではエファジャパン、SVAラオス事務所、アジア連帯委員会――などの活動を視察した。 
 今回視察した活動は、主に母子保健と教育分野における支援活動であったが、どの組織の活動も地域のニーズに則した形で実施されており、現地の人々の生活に良い影響を与えていることが分かった。また、現地で活動するNGOの方々の意欲と活動に対する誇りの高さがうかがえ、非常に頼もしく感じられた。
 フォローアップ視察事業は、組合員の方々からのカンパの使途を知るだけでなく、途上国の現状を知る良い機会でもある。できるだけ多くの組合員の方々に「連合・愛のカンパ」事業の有効性を知っていだければと願うと共に、事業の発展に期待したい。

日程

月日内容
11月15日シェア・プレイベン州アンコール・トレイ村母子保健事業視察
11月16日SVAカンボジア・IPOストゥミアチェイ・スラム移動図書館事業視察
JVCカンボジア事務所訪問
11月17日CYR・ガンダール州コートロップ幼稚園視察
ビエンチャンへ移動
11月18日エファジャパン・ビエンチャン市立図書館視察
在ラオス日本国大使館訪問
SVAラオス・フェイナムイェン小学校移動図書館事業視察
11月19日CSA コティヌン村小学校視察
CSA サンティパープ高校寮視察
11月20日JILAF HIV/AIDSセミナー視察

参加者の様子

シェアによる母子保健事業、乳幼児の体重測定を実施

日本の支援によりシェアが建設中の保健センターの前を視察

SVAラオスの事業で使用する移動図書館

SVAによるカンボジアスラムでの移動図書館事業で紙芝居を楽しみにする子どもたち

JVCカンボジア事務所への訪問

CYRによる保育事業。学習教材は先生の手作り

エファジャパンが支援しているビエンチャン市立図書館

CSAが建設支援した小学校での歓迎セレモニー

CSAが支援している高校寮の学生寮