タイ・インドネシアチーム

6月23~7月6日の日程で、タイ・インドネシアチームを招聘した。タイからはITUCタイ協議会(ITUC-TC)に加盟している4組織から4人(うち女性1人)が、インドネシアからは3つのナショナルセンターから5人(うち女性2人)が参加し、合計9人のチームとなった。

近年、急速に発展しているASEAN諸国であるが、中でも目覚ましい成長を見せるこの両国は、多くの日系企業が進出しているなど経済社会状況は比較的近い。それゆえ両国が抱えている課題と、それに対する取り組みについても一致する部分は多く、両国の参加者は互いに認識を共有しながら、プログラムの中にその解決策を求めていた。
 プログラム全般を通じて、企業別労働組合、産業別労働組合、ナショナルセンターという各レベルでの労働組合の役割に、参加者の関心は集まっていた。日本においては、各レベルの労働組合が合理的に関連し合い、機能していることを高く評価していた。組織を拡大し、団結を強化し、労働組合の社会的プレゼンスを高めていくためには、各々のレベルの労働組合が役割を果たし、相互に補完し合う必要がある。そうすることによってこそ労働組合の力を最大限に発揮させることができることを、日本の労働組合のシステムから学び取っていた。
 産別からの講義として、JEC連合から組織概要と活動について説明を受けた。政策立案にあたっては、労働者側の目標を具体化させるため、使用者、行政、政党、議員などあらゆる方面に働きかけを行なうことが産別にとって非常に大切であると強調された。
 連合北海道プログラムでは、連合北海道の組織活動や北海道の労働事情についての説明を受けた。自国の地方組織と関連づけながら説明を聞くことで、地方連合会に対する理解を深めた。また、ハローワーク札幌を訪問し、職業紹介現場を視察すると共に、雇用保険制度についても熱心に学んだ。また日糧製パン(株)を訪問し、事業所内の労働組合の活動や労働協約などについての意見交換を行ない、製造現場の視察を行なった。
 プログラムの後半では日本生産性本部、経団連、労金協会からそれぞれ講義を受けた。生産性運動の考え方、経営者側から見た労使関係、労働者相互扶助の仕組みなどについて説明を聞き、日本の労働事情に対する理解を一層深めることができた。
 最終日には、参加者から「企業別組合、産別、ナショナルセンター、それぞれの機能強化と役割分担の仕組みを構築する」「年金制度、雇用保険制度の導入を図る」「法律違反に対する労働基準監督官の取り締まり強化を政府に働きかける」「労働金庫のような機関を設立する」などのアクションプランが出された。

今回ご協力いただいた関連機関一覧

JEC連合連合北海道
ハローワーク札幌ジョブカフェ北海道
日糧製パン株式会社全日糧労働組合

皆さまどうもありがとうございました。

タイ・インドネシアチーム参加者

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)

1.氏 名Mr. Pongthiti Pongsilamanee
ポンティティ ポンシラメニー
 所 属タイ国営企業労働者関係連合(SERC)
 役 職アドバイザー
 組合歴5年

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)

2.氏 名Mr. Vichien Pechdee
ウィチェン ペチティー
 所 属タイ労働組合会議(TTUC)
 役 職副会長
 組合歴20年

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)

3.氏 名Mr. Saharut Sangjan
サハラット サンジェン
 所 属タイ労働会議(LCT)
 役 職執行委員
 組合歴14年

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)

4.氏 名Ms. Prapaphan Jenaavanichi
プラパーパン ジェナワニ
 所 属全国民間産業労働者会議(NCPE)
 役 職女性・教育担当(農業部門)
 組合歴6年

インドネシア労働組合総連合(CITU)

5.氏 名Ms. Pipin Supinah Mama
ピピン スピナー マーマ
 所 属インドネシア労働組合総連合(CITU)
 役 職女性委員会委員
 組合歴14年

インドネシア労働組合総連合(CITU)

6.氏 名Mr. Marmin Kastono
マルミン カストーノ
 所 属インドネシア労働組合総連合(CITU)
 役 職青年委員会書記長
 組合歴18年

インドネシア福祉労働組合総連合(KSBSI)

7.氏 名Mr. Riswan Lubis
リスワン ルビス
 所 属鉱山エネルギー労働連盟(FPE)
 役 職議長
 組合歴21年

インドネシア福祉労働組合総連合(KSBSI)

8.氏 名Ms. Elly Rosita Silaban
エリー ロジータ シラバン
 所 属被服繊維労働連盟(GARTEKS)
 役 職議長
 組合歴18年

全インドネシア労働組合総連合(KSPSI)

9.氏 名Mr. Dahrul Lubis
ダハルル ルビス
 所 属スルヤTOTOインドネシア労働組合
 組合歴15年

参加者の様子

国際労働財団での講義

厚生労働省訪問

JEC連合講義

グループ討議

労働事情を聴く会

広島視察

ハローワーク札幌視察

連合北海道との意見交換

日糧製パン(株)訪問