連合加盟産別及びGUFとの懇談会(第5回)を開催

懇談会の様子

 毎年開催している「連合加盟産別及びGUFとの懇談会」を2月15日(水)午前、連合会館において開催した。参加者は、連合加盟産別及びGUFから17人、国際労働財団が13人であった。
 
 冒頭、安永専務理事からの開会あいさつ、続いて、塩田事務長らから平成29年度事業計画(素案)について説明し、意見交換を行った。
 
 意見交換では、招へい事業、グローバル人材養成などについて質問・意見が多く出された。主なものは、招へい事業の評価について問うもの、グローバル人材養成研修について組織的な支援体制の整備が必要だとするもの、その他GUFどうしのさらなる連携の必要性や児童労働への取り組みの拡充など、様々な意見が出され、活発な意見交換ができた。