JILAF Database/ナショナルセンター

ブラジル中央統一労働組合

組織名 ブラジル中央統一労働組合
Central Unica dos Trabalhadores (CUT)  
住所 Rua Caetano Pinto 575
03041- 000, Sao Paulo
BRASIL
電話番号 55-11-2108 9200
FAX番号 55-11-3272 9601
メールアドレス1) cut@cut.org.br 2) sri@cut.org.br
ホームページ http://www.cut.org.br
役員名会 長:  Sr.Vagner Freitas de Moraes(金融労組出身)<2016年>
事務局長: Sr.Sergio Nobre(金属労組出身)<2016年>
    
組合員数約793万人(女性:47.8%)<2016年11月現在>
執行委員数64人(女性:32人)<2016年11月現在>
加盟組織50産別、3,960組合 <2016年11月現在>
地方組織数27
主要加盟産別業種①工業 ②教育 ③商業 ④農業 ⑤金融



加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・ITUC米州地域組織(TUCA)
・経済開発協力機構・労働組合諮問委員会((OECD-TUAC)




他のITUC加盟組織
ブラジル一般労働組合(UGT)
ブラジル労働組合の力(FS)
大会情報4年に1回開催

前回:2015年10月開催
次回:2019年
主要課題・活動方針1)民主主義の擁護、クーデター反対
2)社会保障の維持
3)民営化反対/石油部門
4)社会的運動との連携
5)
略史1970年代:労働運動が再開。
1983年:第2回労働者全国会議(サンパウロ州サンベルナルト・ド・カンボ市)(CONCLAT Congresso das Classes Trabalhadoras )が結成。CUTは、1930年代に始まったブラジルの労働運動の歴史の中で、CUTが結成されてから10年間が最も重要な期間であったとしている。つねに労働運動の自由を求め、政府や政党そして経営者から独立した自治権を獲得し、ブラジル人労働者の生活向上を目指した闘いを展開してきた。
2003年:CUTは20周年を迎えた。
2008年3月:政府によるナショナルセンターの承認
2013年3月:労働者による全国抗議運動を展開
2013年8月:結成30周年記念行事
主な進出日系企業
富士通ゼネラルクラリオンユニチカなど
日系企業現地法人数286社
日本からの進出企業数217社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

2012年(1人)2011年(1人)2010年(1人)2009年(1人)、2008年(1人)

(2)最近の現地支援プロジェクト

2009年フォローアップセミナー(サンパウロ)

備考 人口:1億9,840万人 首都:ブラジリア 言語:ポルトガル語

・組合税により労働省がすべての労働者から年1日分の賃金を徴収し各レベルの組合に配分する。その歴史は1940年の大統領令に遡る。

・合法的に就労するためには外国人労働者も含め労働省が管理する労働手帳を所持しなければならない。

参考

ブラジル連邦共和国のILO条約批准
[1]批准条約総数96条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2016年12月16日