JILAF Database/ナショナルセンター

スウェーデン全国労働組合連盟

組織名 スウェーデン全国労働組合連盟
Landsorganisation i Sverige(Swedish Trade Union Confederation)(LO)  
住所 Barnhusgatan 18
105 53 Stockholm
Sweden
電話番号 (46)-8-7962500
FAX番号 (46)-8-7962800
メールアドレスinternational@lo.se
info@lo.se
ホームページ http://www.lo.se
役員名会 長:Mr. Karl-Petter Thorwaldsson<2012年選出>
第一副会長:Mr. Tablaz Baudin<2012年選出>
第二副会長:Ms. Ingela Edlund<2012年選出>
団体交渉書記:Mr. Torbjorn Johansson<2012年選出>
 
組合員数約127万人(女性:約61万人)
執行委員数18人(女性:4人)

加盟組織14産業別組織:

①地方自治体現業労組、②金属労組、③商業労組、④ホテル・レストラン労組、⑤ビル建設労組、⑥ビル・メインテナンス労組、⑦食品労組、⑧紙パルプ労組、⑨森林・木材労組、⑩サービス通信労組、⑪運輸労組、⑫電気機械工労組、⑬音楽家労組、⑭グラフィック労組、⑮画家労組
                 
地方組織数17地方組織
主要加盟産別業種①地方自治体、②金属・電気、③化学、④サービス、⑤建設、⑥商業、⑦食品、⑧ホテル・レストラン、⑨林業

加盟国際組織国際労働組合総連合(ITUC)
欧州労連(ETUC)
ITUC汎ヨーロッパ地域評議会(PERC)
経済開発協力機構・労働組合諮問会議(OECD-TUAC)
北欧労組協議会(NFS)
大会情報4年に1回開催

前回:2012年5月(ストックホルム)
次回:2016年
主要課題・活動方針1)完全雇用
2) 平等賃金  
3)社会保障
4)青年の雇用
5)安全衛生
略史1898年: LOは、1897年の全ノルディック労働者会議(NFS)の決議に基づき、社会民主党(SDP)の指導で、1898年にブルーカラー労働者を中心にして結成され、当初、LOは階級闘争を志向した。1902年:ゼネストを契機に、使用者側は、スウェーデン経営者連盟(SAF)を結成して、ストライキに対しては統一ロックアウトで対抗するなど、労使関係はきわめて不安定であった。

1932年:初の社会民主党政権が誕生し、翌33年に下院議会の調査委員会による労使紛争に関する建議に基づきLOとSAFが参加する労働市場委員会が設置され、両者間で「基本協約」が締結された。この基本協約は、労使が紛争を回避して、相互利益を見出すために可能な限り政府の介入なしに問題の解決をはかるという精神が謳われたサルトショーバーデン協約が締結され労使関係は安定化に向かい、中央集権的団体交渉システムが確立した。

1997年:労使は、新「基本労働協約」を締結した。LOは、結成当初は職業別組合が中心であったが、産業別組織への再編が行われ職場レベルには職場クラブがある。LOは、ブルーカラー労働者の95%を組織しており、1944年に結成されたホワイトカラー労働者のナショナルセンター、スウェーデン専門職組合連盟(TCO)とは、協力関係にある。政党との独立した関係にあるが社会民主党にはLO代表が執行委員に党大会で選出されている。また、LOの加盟組織は、伝統的にそれぞれの産業の失業保健業務を行っている。
主な進出日系企業
エーザイニコンOKIなど
日系企業現地法人数73社
日本からの進出企業数69社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

1990年以来TCOとともに計5人を招聘。

(2)最近の現地支援プロジェクト

-

備考 組織率:71%<2008年>
組合費:総賃金の1.8%<2007年> 

注:スウェーデンにはITUC加盟を同じくするLO以外の組織であるTCO(スウェーデン俸給従業員中央労働組合連盟)とSACO(スウェーデン専門職連盟)が存在。

スウェーデンの人口:956万人
首都:ストックホルム
言語:スウェーデン語

参考

スウェーデン王国のILO条約批准
[1]批准条約総数93条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2015年02月17日