バックナンバー

お知らせ(2009/11/13)
JILAF 講演会 「アジア6ヵ国の労働事情-多国籍企業労働問題を中心に-」
 国際労働財団(JILAF)の招聘事業では、参加者が自国の“労働事情"を 報告する「労働事情を聴く会」を開催しています。
 招聘事業に参加した各国の労働組合指導者が、自国の労働問題や 多国籍企業の労使紛争状況などを報告し、意見交換や質疑を通して、 相互理解を促進するプログラムです。
 1990年からスタートしたこのプログラムは、現在までに216回開催され、 122ヵ国3地域の労働組合指導者が報告を行っています。
 11月29日~12月5日の日程で来日する「再招聘チーム」は 「アジア6ヵ国の労働事情-多国籍企業労働問題を中心に-」と題する 講演会を12月1日、教育会館で開催します。参加国(1)インド (2)インドネシア(3)マレーシア(4)パキスタン(5)フィリピン (6)シンガポール――の労働組合指導者が自国の労働事情について報告を 行います。
 
講演会 「アジア6ヵ国の労働事情」
*日英同時通訳付*
日時 12月1日(火) 13:30~16:30
場所 教育会館
参加費   無料
皆さまのご参加をお待ちしております。
 
JILAF 講演会 アジア6ヵ国の労働事情の詳細はこちら
 
発行:財団法人 国際労働財団  http://www.jilaf.or.jp/
Copyright(C) JILAF All Rights Reserved.