2003年 ガイアナの労働事情

2003年7月10日 講演録

ガイアナ労働組合会議(GTUC)
サチ ロリッタ パーバトン

ガイアナボーキサイト・一般労働組合 クワクワニ支部長

 

国内の状況

 現在、ガイアナの政治は、与党と野党との、。間のみでなく与党の間でも対立があります与党と野党の対立は激しく、現在、野党は議会の審議をボイコットしていて、法案の審議がはかどらない状況です。経済は非常に不安定で、また政府は国営企業のほとんどを民営化しました。このような状況の中で、政府と労働者、使用者の間の社会的対話は成立しなくなっています。

GTUCの活動方針

 このような状況を踏まえてナショナルセンターGTUCは、労働組合が何をすべきかを考えなければいけない時期に来ています。経済状況の改善、政治的目標として労働者に有利な政治を実現できるよう、何をすればいいのか、労働法制の整備に向けた努力をしなければいけないと考えています。

具体的な運動方針

 ナショナルセンターは具体的な対応として、民営化された企業の労働者が労働組合に加盟するよう働きかけを行っています。労働組合に加盟することによって労働基本権を享受でき、団体交渉もできるようになると労働者に訴えています。