2003年 ラオスの労働事情

2003年9月10日 講演録

ラオス労働組合連盟(LFTU)
インペン ムンヴィセー

ラオス労働組合連盟 国際局次長

 

国内の状況

 ラオス人民民主主義共和国は、東南アジアで中国、ミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナムに挟まれた戦略的な場所に位置しています。我が国は内陸国です。そして、山岳地帯の多い国です。面積は23万6,800平方キロ、18の州があり、138地区、1万1,640の村があります。人口は、2003年時点で550万人です。部族は3つ分かれています。ラオスーン族は山岳地帯に、ラオローンは低地に、またラオトゥーンは丘陵地帯に住んでいます。ラオスの人口密度は1平方キロメートル当たり19人です。
 ラオスには2つのはっきり分かれた季節があります。5月の初めから9月の終わりまでは雨季です。10月から4月いっぱいは乾季です。年間の平均気温は約28度、中央部と南部におきましては4月から5月にかけて最高で38度まで上がることがあります。
 次に、社会経済的な発展について申し上げます。共和国設立以来26年間にわたりまして、様々な地域で社会経済発展がありました。この期間を次のような時期に分けて考えることができます。1991年から1995年まではGDPの年間成長率が6.4%でした。次に、1995年から2000年までは、GDPの年間成長率が6.2%でした。1999年から2000年にかけて1人当たりの所得は350USドルでした。
 農業及びサービス部門は着実に成長して、自然をベースにした経済から市場経済への移行に当たって重要な役割を果たしました。その間、貧困緩和計画を中心に経済を運営してきました。経済構造が変化してきました。農業はGDPの51%、工業が21%、サービス産業が28%です。
 次に、工業部門ですけれども、工業部門は大きく拡大しました。その中に含まれるものとしては、エネルギー産業、鉱山業、建設業、材料生産、それから国内向け及び輸出向けの製品をつくっている軽工業及び小規模の工業、その中に含まれるものとしてセメント工場、有機肥料工場、動物飼料工場、車両組み立てとモーターバイク組み立て、水力発電などです。サービス部門が拡大しました。それから、輸送制度と通信制度も改善しました。
 製品のほとんどを輸出している54の縫製工場があります。これらの工場で働いている労働者のほとんどは女性で2万3,000人が働いています。

LFTUの活動方針

 ラオス労働組合連盟、(LFTU)はラオス人民民主主義制度の中にある大衆組織であり、中央から草の根レベルに至るまでのネットワークを組織しています。LFTUは、ラオスの工場労働者及び農場労働者(様々な民族の人がいますが)の合法的な代表であります。任務としては、政府の政策、また憲法、それから労働者の利益にかかわる様々な法律等の監視と推進等であります。この中には教育訓練、また労働安全衛生の推進に関する任務も含まれています。LFTUは、国家の経済、社会発展に関するプログラムの立案、また労働者の基本的な利益にかかわる改革プラ。、ンの立案等にも関わっていますその中には労働者の給与、賃金、労働条件、社会保障制度、労働者の福利厚生等に関するものも含まれています。
 ラオス人民民主主義共和国の労働運動は拡大を続けています。我々の目的は、国の法律と状況に基づいて労働組合を結成していく事です。一般的にいうと、ほとんどのラオスの労働者は、職場の就業規則を守り、個人的な契約に署名をしています。しかし、LFTUとILOが協力して、ILOの基本的な労働基準に関する条約についてワークショップを開くことができました。特に、この中に団体交渉が含まれていました。それ以後、労働者の団体交渉に関する理解が深まってきました。
 LFTUとILOバンコクとの間の協力関係について申し上げますと、LFTUはILOバンコクに対しまして、技術援助の一環としてこれからも団体交渉、社会保障制度などについてワークショップなどを開いてもらうよう要請しています。

LFTUの具体的な活動

 LFTUは、2000年にATUC(アセアン諸国労働組合協議会)の正式な構成組織となりました。それによりLFTUは世界中の労働組合及び国際労働組織と関係を強化し、協力関係を深めていくことができるようになりました。LFTUとしましては、アジア及び世界において、世界の平和、独立及び繁栄のための闘いを支援し、それに貢献していきたいと思っています。また、現在労働者の権利に対して脅威的な攻撃が行われていますが、それに対して労働者の権利と利益を守るために、もっと強力に努力し、緊密に連携していかなければいけないと思っています。また、女性労働者の社会的な地位を改善するためにも闘い、職業安全衛生を改善し、生産性を改善するために、更に努力していかなければいけないと思っています。

JILAFからの補足説明

 ラオスの方からATUCという言葉が出てまいりました。ASEAN労働組合協議会という組織でASEAN諸国の労働組合で構成された地域的な協議会の場です。設立当初は旧ASEAN5カ国のICFTU加盟組織だけで構成されていましたが、ASEANの、拡大と伴に、ICFTU加盟していない組織も入ってくるようになりました。