2003年 ナミビアの労働事情

2003年10月1日 講演録

ナミビア全国労働組合(NUNW)
サムソン メコンジョ アムパンダ

ナミビア全国労働組合 中央執行委員

 

国内の状況

 まず経済状況について説明します。ナミビアの通貨は南アフリカのランドに連結されていて、1対1で交換することができます。ナミビア経済の本部は南アフリカと言えます。ナミビア・ドルがランドに直結している関係で、ナミビアの経済は南アフリカ経済の動向に左右されます。ナミビア経済の成長率はここ10年間、2%から約7%の間を大きく上下しています。経済的に活動をしている人口の34%が失業中です。また、さらに25%が不完全雇用の状態にあります。
 ナミビアの輸出加工区(EPZ)計画は、ナミビアが海外からの投資を引きつけるための戦略の一部をなしています。輸出主導型の経済成長戦略に従ってつくられました。ネオリベラリズムによる最近の政策としては、国営企業の民営化が挙げられます。労働組合および市民社会のさまざまな他の団体は、このネオリベラル的プログラムの進行に対して大きな疑問を持っております。労働組合は、民営化その他に対して反対するために集会・デモを組織しました。このような行動を組織する場合には、NUNWおよびその加盟組織は一丸となって行動しました。EPZにおいても労働者に対して法律は適用されてしかるべきですが、いまだにこれらの労働者はすべての権利を享受していません。労働者は経営者側の恣意の下にいます。
 NUNWとその加盟組織は、国営企業の民営化に関する法案の草案を研究・作成し、政府に対して提案として提出しました。労働組合は国営企業の民営化に反対しています。今申し上げました法案の草案は、今回持参しております。JILAFの方でご関心がありましたら差し上げます。これからもこの草案にさまざまな手を加えていく必要があります。そのたびに最新のものをお知らせすることもできます。
 次に政治についてですが、NUNWは最大の組合連合体です。NUNWは与党であるSWAPOに加盟しているというか、提携しています。そして現在は、政党による組合の支配が行われています。その結果として、組合の指導者間で内紛が起きています。
 1人当たりの国内総生産(GDP)は、アメリカドルで年間約1,900ドルです。つまりナミビアは中程度の国民所得を得ている国の1つであるということになります。しかしながら、ナミビア人の上から約10%が国民所得の約70%を享受しています。ナミビアは世界でも最も所得格差の大きい国の1つです。鉱山業と漁業は多国間企業によって支配されています。
 土地改革計画について申し上げます。ナミビアには十分土地があります。この土地改革は遅々として進んでいません。ほとんどの商業農場は、いまだに約4,500人の白人農業者によって所有されています。白人農業者という言葉遣いを使って申しわけないのですが、彼らのことをナミビアではそういうふうに呼んでいます。
 ナミビアに存在する獣医学的な境界線について話をします。その境界線はナミビアでは一般的にレッドライン(赤線)と呼ばれています。ナミビアという国は、真ん中あたりから北部と南部に分けられていますが、レッドラインは、獣医学上の警戒線、あるいは非常線のためのフェンスで、北部ナミビアに設けられています。これは動物の病気が中部及び南部地域に広がらないようにするためのものです。この赤線が存在するためにコミューナルファーマー(Communal farmer)と呼ばれる零細農業者、零細自給自足農業者、作物に余剰があると外にも売りに出せる農業者は、南アフリカやヨーロッパ市場に対して作物を売ること、つまり輸出することができません。従って南部は、輸出のための窓口になっており、このフェンスの南の農業者のみが南アフリカやEU市場に肉を輸出できるわけです。
 次に、失業についてです。ナミビアでは若者の間の失業率が非常に高く67%です。失業者のうちの32%が2年以上失業状態にあります。ナミビアの失業率は、全体としては34%です。
 労働者がこれまで勝ち取ったものについて申し上げます。農業部門全体で実施されている新しい最低賃金協定を勝ち取ることができました。最近改訂された労働法は、植民地時代の労働法に比べてかなり大きな進歩が見られます。新しい法が改訂される前は植民地時代の労働法を使っていました。新しい法のもとで労働者は幾つか新しい権利をかち取ることができました。まず労働組合に加盟する権利、団体交渉の権利。規定された労働時間、社会保障制度に加入する権利、年次休暇をとる権利、不当解雇や差別等からの保護などを勝ち取ることができました。
 ナミビアにおけるHIV・エイズ問題について申し上げます。ナミビアは非常に高いHIV・エイズ感染国の1つであります。ナミビア人口の約20%は現在HIV陽性と言われています。平均寿命は約40歳であります。ということは、私たちは、寿命的にいってあまり長く生きられないということになります。もうちょっと長生きするために皆様のご支援をいただかなければなりません。