ラオス・労使関係セミナー

鈴木専門家による講義

 国際労働財団(JILAF)とラオス労働組合連盟(LFTU)の共催で、「団体交渉・労働協約」をテーマとする労使関係セミナーを12月23~24日、ラオス中部のボリカムサイ県パクサンで開き、ボリカムサイ県および周辺の4県と各県の労働組合幹部とLFTU本部スタッフなど20人(うち女性6名)が参加した。
 ラオスでは外資企業の進出が増加しており、それに伴い労働協約の必要性が高まっているため、LFTUは労働協約に関する組合幹部の教育に力を入れている。JILAFでは2009年度より「団体交渉・労働協約」をテーマとするセミナーを実施しており、今回が4回目の開催となる。
 セミナーではLFTU・カンタノーサイ法規担当より、ラオスにおける労働協約の必要性や労働協約に盛り込むべき項目、ラオスの労働法の紹介などが行われた。日本からは、JEC連合・鈴木組織センター長を講師に招き、「日本の労使関係 団体交渉と労使協議」をテーマに、包括的労働協約や個別的労働協約について講義。また、日本とラオスの労働法による労働基準の違いの説明や、これまでの活動における事例紹介が行われ、参加者から好評を得ていた。模擬団体交渉では・鈴木組織センター長より「妥当な点で要求し受け入れる労使関係が必要である」とのコメントを受けた。

日程

月日内容
12月22日LFTUとの打ち合わせ
12月23日団体交渉・団体協約セミナー1日目
12月24日団体交渉・団体協約セミナー2日目

参加者の様子

開会式の様子

参加者によるグループワーク

セミナー参加者たち