タイ労使関係・労働政策セミナー

 タイのバンコクにおいて、7月18日及び19日の二日間、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)との共催による日本国政府(厚生労働省)受託事業「労使関係・労働政策セミナー」が開催された。
 今般のセミナーには、ITUC-TC傘下の4つのナショナルセンターならびに主要産業別組合(日系事業所組合)役員の他、労働省、タイ使用者連盟代表者他約40人が参加した。
 冒頭、主催者を代表して齋藤JILAF副事務長は、今次セミナーの主旨・目的等を説明した後、マノップITUC-TC事務局長代行(SERC副事務局長)、ワラノン労働省労働保護福祉局事務次官補、シリワン使用者連盟(ECOT)事務局長、坪井日本国大使館一等書記官/吉野同二等書記官より、今般のセミナーに寄せる期待ならびに建設的労使関係の重要性などに関する挨拶があった。
 次に齋藤副事務長は、「経済社会の発展と労働運動の社会的役割」と題し、①グローバル化がもたらすアジアの変化やタイの立ち位置(ASEAN10に加え、インド、バングラデシュ、パキスタン他、潜在的巨大経済圏の中心国の一つ)、②取り巻く環境変化の本質を捉えたグローバル化への対応と今後のすすむべき針路、③前近代、近代、超近代社会が混溶する環境下における均一性の消滅と格差拡大/組合の役割、④社会経済の発展と国民生活改善に向けた労働運動/指導者が果たすべき責任、⑤日本の労使関係の変遷と建設的労使関係・無用な労使紛争の未然防止、⑥労働の高度化と企業(成長)成果の公正な分配――などの視点を課題提起した。
 つづいて、サックディナーThammasat大学教授より、「グローバリゼーションとタイ労働運動の役割」との題目で講話があり、①現下の政治情勢に対する見立て(クーデター至上主義や軍政からの脱却が不可欠)、②AECにより自由貿易化される農産物他優先9分野の段階的自由化に伴う懸案(タイ人労働者の就労困難、賃金等の低下、経済・機会格差の拡大、非正規経済の増幅)などを、学識の立場から概説した。
 二日目については、関口JILAFタイ事務所所長より、「AECの発足と労働組合の役割」、「タイ労働運動の連帯を通じた建設的労使関係の構築に向けて」と題するブリーフィングの後、参加者はナショナルセンター/産業別組合の枠をこえて二班に分散し、グループ討議を経て行動計画の作成・発表を行った。
 各班からの発表では、①ワンナショナルセンター化に向けた「5カ年計画」と「労働組合連帯マニュアルの策定」、②「4ナショナルセンター・3産業別組合他指導者による連帯会議」の設置、③インフォーマルセクター労働者の組織化と社会から共感を得る運動、④生産性向上への貢献を通じた労使信頼関係の醸成と建設的労使関係の構築――に関する提起があったことから、齋藤副事務長および関口所長より適宜JILAFとしてのコメント等を付し、活動計画の着実な実践を強く要請してセミナーを閉会とした。

日程

月日内容
07月18日セミナー1日目
07月19日セミナー2日目

参加者の様子

齋藤副事務長による挨拶

使用者連盟からのコメント

グループ論議の様子