ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(SGRA4月)

 2011年度より日本国政府(厚生労働省)補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」が5年目を迎えた。今年度の事業開始にあたり、4月9日(木)~16日(木)にカトマンズを訪問し、現地関係者との協議・調整を行った。
 ネパールにおいては、現地の政・労・使(ネパール雇用労働省・ネパール労働組合会議・ネパール商工会議所連盟)およびILOで構成される「中央推進委員会(CAC)」、労働組合のみで構成される「中央管理委員会(MC)」、事業実施地域であるバクタプール郡、パルサ郡ならびにモラン郡の政・労・使で構成される「地域作業委員会(RWC)」を中心に事業を展開している。
 今般開催した各委員会では、2014年度事業の成果と課題等を振り返るとともに、2015年度事業の開始にあたり、各委員会および組織の任務・役割をあらためて明確化し、それらに基づく取り組みを確実に遂行することで、成果・実績をさらに蓄積していくことを確認した。
 各郡では、新たにインフォーマルセクター労働者(通称:ネットワークメンバー)を計200人組織(ネットワーク)化し、生活改善・向上に資する公的制度情報などを提供するセミナーを開催するとともに、技術習得のためのJILAF主体職業訓練(縫製・ニッティング・美容・キャンドル等)の実施や、当該訓練を受講できないメンバーに対する、使用者団体、地方政府などが提供する既存職能訓練への橋渡し(通称:「ブリッジング」)なども引き続き実施する。また、2015年度はILOとの連携を一層強化し、ネットワークメンバーの生活改善・底上げやフォーマル化などに取り組んでいく。

日程

月日内容
04月10日現地スタッフとの打合せ
04月11日拡大管理委員会(MC+RWC)
04月12日NTUC、ILOとの協議
04月13日中央推進委員会(CAC)開催

参加者の様子

バクタプール郡地域作業委員のみなさん

キャンドル製作訓練の様子(2014年度)

ビジネス訓練受講生(2014年度)