アジアユースチーム

 6月7日から6月16日の日程でアジアユースチームを招へいした。インド・マレーシア・フィリピン・タイ・インドネシアの5カ国8組織から計9人(うち女性2人)の参加となった(フィリピンのSENTROからは初招へい)。プログラム全体を通じて、日本の労働組合が直面してきた問題・課題とその解決策から学ぼうとする積極的な姿勢が見られた。
 例えば、不当労働行為に直面したときの紛争解決手段、使用者の法遵守を担保する方法、効果的な団体交渉の仕方など、実践的な内容に関する関心が高かった。「戦後日本の労働組合の役割と課題」、「労働運動を支える法体系」、「最低賃金の仕組み」、「労働組合の民主的な運営」の講義、「労使協議と団体交渉」、「若年雇用にかかる意見交換会」のグループ討論、自治労・東京都交通局の職場訪問等を通じて、参加者は日本における労働法制や労働慣行について理解を深めることができた。また来日中、日本の産業別労働組合からの参加者4人を加え、若年雇用に関するグローバルな意見交換を行った。
 参加者からの主な意見や要望として、「日本においては組合潰し等の不当労働行為が少ないことに驚いた」、「日本の職場における労使コミュニケーションは素晴らしいと感じた」、「日本における健全な労使関係は、独自の文化的・社会的・政治的背景が関係していると感じた」、「生産性向上運動についてもう少し詳しく知りたかった」などが挙げられた。

今回ご協力いただいた関連機関一覧

自治労東京都交通局
東京交通労働組合

皆さまどうもありがとうございました。

アジアユースチーム参加者

インド全国労働組合会議(INTUC)

1.氏 名Mr.Umamaheshwara Rao KOMMOJU
ウママヘシュワラ ラオ コモジュ
 所 属ビシャーカ製鉄労働組合
 役 職副書記長
 組合歴4年

インド労働者連盟(HMS)

2.氏 名Mr. Prashant Mahendranμh Patil
プラサント マヘンドラナト パティル
 所 属全国鉄道労働組合
 役 職マタンガ支部長兼HMSマハーラーシュトラ州組織部長
 組合歴10年

インドネシア労働組合総連合(CITU)

3.氏 名Ms. Novita Sari
ノヴィタ サリ
 所 属ビナ・ペルトィウィ労働組合
 役 職青年委員兼インドネシア労働組合協会(ASPEK)青年委員
 組合歴3年

インドネシア労働組合総連合(CITU)

4.氏 名Mr. Arda Dasuki
アルダ ダスキ
 所 属インドセメント労働組合(SP ITP)
 役 職研究開発担当兼インドネジア・セメント産業労働組合連盟(FSP-ISI)執行委員
 組合歴5年

マレーシア労働組合会議(MTUC)

5.氏 名Mr. Muhamad Azhar Juhari
ムハマド アズハル ジュハリ
 所 属マラヤ大学職員組合
 役 職財政担当書記
 組合歴6年

マレーシア労働組合会議(MTUC)

6.氏 名Mr. Mohd AzizuI Bin Abd Rahman
モハメド アジズル ビン アブド ラーマン
 所 属飲料水産業労働組合連合
 役 職副会長兼MTUC執行委員
 組合歴11年

フイリピン労働組合会議(TUCP)

7.氏 名Ms. May Ann Tirana Go
メイ アン ティラナ ゴウ
 所 属ホセ・リザル大学職員組合(JRUEU)
 役 職青年委員会副委員長兼全国教職員・事務労慟者組合連盟青年委員会副委員長
 組合歴3年

フィリピン進歩労働同盟(SENTRO)

8.氏 名Mr. Lester Jay Lim Catamin
レスター ジェィ リム カタマン
 所 属フィリピン進歩労働同盟(SENTRO)青年委員会
 役 職全国青年コーディネーター
 組合歴3年

フィリピン進歩労働同盟(SENTRO)

9.氏 名Ms. Jonahlyn Raymundo Palma
ジョナリン レイムンド パルマ
 所 属聖ルカ医療セシター職員組合
 役 職青年委員長
 組合歴1年

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)

10.氏 名Mr. Tossapol Plongthung
トサポル プロンサン
 所 属タイ国鉄労働組合(SRUT)
 役 職学術委員会委員
 組合歴4年

タイ産業労働組合連合(CILT)

11.氏 名Ms. Sirijunyaporn Jangthonglang
シリジュンヤポーン ジャントンラン
 所 属YSパンド労働組合
 役 職書記兼タイ自動車労働祖合連合会(TAW)副書記
 組合歴6年

参加者の様子

連合会館前

神津連合事務局長への表敬

若年雇用問題をめぐるグループ討論

模擬団体交渉の発表

自治労における意見交換

東京交通労働組合との意見交換

東京都交通局総合指令所の説明

広島平和記念公園訪問

南雲理事長との意見交換