ユーラシアチーム

11月10~11月23日の日程で、ユーラシアチームを招聘し、アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、モルドバ、ウクライナ、ウズベキスタンの6ヵ国から9人が参加した。

 11月10~11月23日の日程で、ユーラシアチームを招聘し、アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、モルドバ、ウクライナ、ウズベキスタンの6ヵ国から9人が参加した。
参加者は、日本の労使関係に対して高い関心を示すと共に、その評価は非常に高かった。参加国の中には、民族紛争問題を抱えている国もあり、その解決のため、社会対話の必要性を実感していることから、あらゆる面で対話を重視する日本のシステムを大いに参考にしたいという声もあった。
 また、労使紛争において、日本の労働組合がとるべき手段、日本の労働組合における組合費の徴収、また、日本の労働組合の組織運営事務など、自国での組織運営に即効性のある、非常に具体的な情報を求めたいという傾向が見られた。その一方で、①日本の首相による賃上げ要請発言は、労使自治への不当な介入ではないか②日本の労使協議制は、結果的に労働組合の団体交渉力を弱めているのではないか――など、海外の労働組合指導者の目から見れば当然とも言える意見もあった。これらの意見に対し日本側から、首相の発言に強制力は無いこと、決して労使の立場を混同させず、それぞれの立場をしっかりと認識した上で、労使協議と団体交渉を使い分けており、成果の分配については、団体交渉で対応していること――などの説明があり、参加者の理解は進んだと思われる。
 産業別労働組合からは、電機連合の講義を受けた。電機連合の組織形態や使用者との関係、また共済制度の仕組みなどの説明を受け、日本の産別の具体的な役割を知ることができた。
 連合滋賀プログラムでは、ハローワークを訪問し、国の行なう職業紹介事業についての説明を受けた。特に若者、新卒者に焦点を当てたハローワークや滋賀県の対策についても知ることができた。また、ダイハツ滋賀(竜王)工場を訪問し、製造現場の視察を行なうと共に、賃金体系や福利厚生などの説明を受けた。
 このプログラムで得たことを今後、どのように自国で活かしていきたいかというアクションプランでは、「春闘のシステムの導入」「労使紛争未然防止のための労使協議制度の確立」「生産性向上のための運動」などが提案された。

ユーラシアチーム参加者

アゼルバイジャン労働組合連盟(AHIK)

1.氏 名Mr. Fuad Mamadov
フアド マメドフ
 所 属アゼルバイジャン労働組合連盟(AHIK)
 役 職国際部長
 組合歴12年

グルジア労働組合総連合(GTUC)

2.氏 名Mr. Ilia Verdzadze
イリア ベルダーゼ
 所 属アジャラ自治共和国労働組合総連合
 役 職委員長
 組合歴9年

カザフスタン労働組合連合(FTURK)

3.氏 名Ms. Aizhan Ibrayeva
アイジャン イブラエバ
 所 属カザフスタン労働組合連合(FTURK)
 役 職相談員(経済・社会保障・労働安全衛生担当)
 組合歴8年

カザフスタン労働組合連合(FTURK)

4.氏 名Mr. Salavat Agdautov
サラバト アグダウート
 所 属カザフスタン医療労働組合
 役 職西カザフスタン支部委員長
 組合歴17年

モルドバ労働組合連盟(CNSM)

5.氏 名Mr. Igor Zubcu
イゴーリ ズプク
 所 属医療労働組合
 役 職上級法律相談員
 組合歴9年

ウクライナ自由労働組合総連盟(KVPU)

6.氏 名Ms. Natalya Kukhar
ナタリア クーハル
 所 属独立ウクライナ鉱山労働組合
 役 職社会労働関係部長
 組合歴8年

ウクライナ自由労働組合総連盟(KVPU)

7.氏 名Mr. Valentyn Kutsenko
ヴァレンティン クツェンコ
 所 属キエフ市医療従事者労働組合
 役 職委員長
 組合歴4年

ウズベキスタン労働組合連合(TUFU)

8.氏 名Mr. Farhodjon Khanapiyayev
ファルフォジョン ハナピヤーエフ
 所 属ウズベキスタン医療労働組合
 役 職委員長
 組合歴11年

ウズベキスタン労働組合連合(TUFU)

9.氏 名Mr. Ulugbek Baymuratov
ウルグベク バイムラートフ
 所 属タシュケント国立工業大学労働組合
 役 職委員長
 組合歴9年

参加者の様子

厚生労働省訪問

連合訪問

電機連合講義

グループ討議

広島訪問

連合滋賀との意見交換

滋賀県立高等技術専門校訪問

ダイハツ工業滋賀(竜王)工場訪問

日本生産性本部講義