再招へいチーム

労働事情を聴く会拡大版の様子

11月27日(火)から12月1日(土)の日程で、ブラジルおよびメキシコから過去に招へいプログラムに参加した6名(うち、女性2名)を再度招へいし、「労働事情を聴く会拡大版」を含め、全てのプログラムを計画通り完遂した。

日本の雇用・労働の現状と課題に関する講義では、戦後日本の労働組合の変遷や社会・経済への寄与、春季生活闘争などについて理解を深め、日本の労働者の現状と課題等について総体的に外観した。

産別訪問の全国ガス労働組合連合会の講義では、日本の都市ガス事情や労働組合の運動方針・具体的活動などの情報共有がなされた後、共通課題について相互論議した。

連合訪問では、連合の活動紹介、春季生活闘争に関する取り組みについて講義を受けた。
参加者からは、連合組織内議員や推薦議員との連携状況や春闘での交渉内容などについての質問が寄せられ、連合としての政策・取り組み等の補足が適宜あった。

労働事情を聴く会拡大版では、「具体的な労使紛争事案や解決方法、未然防止に向けた取り組み」と題し、33名(労働組合関係者8名、政府関係者1名、使用者団体等2名、JILAF21名、一般1名)の参加を得た。

2ヵ国それぞれから最新の労働事情と併せ、労使紛争事案と解決に焦点をあて、労使紛争の状況や労使慣行等について情報を共有した。

メキシコからは連邦労働法改正の目的や改正に伴う労働改革、メキシコ労働組合連盟加盟の産別組織による具体的な労使紛争事例と対処策について報告を受けた。

ブラジルからは、現下の政治情勢や労働組合が直面している課題、とりわけ労働制度改正および派遣制度の改正に関する報告があった。その結果、労使双方の状況をふまえた労使の役割と責任などについて、示唆の富んだ質疑が飛び交い、活発な議論がなされた。

全国労働委員会労働者側員連絡協議会を訪問し、中央労働委員会の概要・活動について情報共有があり、意見交換を行なった。

参加者からは委員の選定方法や不当労働行為審査に関する意見・質問が寄せられた。メキシコからは、中央労働委員会に類似する組織があるものの、委員構成が政労使のため、政府が関与する割合が多いという情報共有もあった。

最近の労働・社会法制をめぐる動向等の講義では、日本社会の動向や働き方改革推進法の概要等について概説があった。とりわけ、人口減少と超高齢社会を迎える中での政策や社会保障について関心が高く、多くの質問が寄せられた。

日本の最低賃金制度の講義では、当該制度の概略や決定に至るメカニズムを中心に情報共有がなされた。実態労働時間と法定労働時間との差異や連合リビングウェイジの法定額など専門的で的確な質問が寄せられた。

JILAF役員との意見交換では、「過去の招へいプログラムに参加し、その経験をどのように活かしたのか。また、その後得たものは何か」を主要テーマに意見交換会を行ない、参加者からは次の特徴的言及があった。

①プログラム参加当初、所属するナショナルセンターは国際労働組合組織へ未加盟であったが、1992年にITUC(国際労働組合総連合)に加盟し、招へいプログラムで学んだ国際労働組合組織の重要性を実感しながら各種活動へ積極的に参画することができた

②日本で学んだ健全な労使関係や雇用安定の取り組み等をブラジル労働者党の政策に反映すべく取り組んだ、ルーラ元大統領(労働者党)も労働組合の活動家だったこともあり、理解を示してくれた。

時代と共に課題は変化するものの、様々な労働者問題の解決に、日本の労使関係や労使慣行、労働法制の知識が一助となっており、参加者同士のつながりが現在も継続していることが判明し、本招へいプログラムの重要性や影響力をあらためて再認識する機会となった。

参加者から、主に以下の所感があった。

(1)職場訪問で労働力コストについて質問したが、内部情報であるため安易に開示しないという姿勢や職場への忠誠心に感銘を受けた。(ブラジル)
(2)過去のプログラムで得た知識を更に深めることができた。(ブラジル)
(3)前回来日した後、JILAFの研修プログラムで経験したことを生かし、あっせん仲裁委員や国会議員を経験した。特に労働法制の知識が役立ったと感じている。(メキシコ)
(4)今後、小山参与の「法改正の取り組み」を通常の招へいプログラムにも反映してほしい。(ブラジル・メキシコより複数)

今回ご協力いただいた関連機関一覧

全国ガス労働組合連合会中央労働委員会

皆さまどうもありがとうございました。

再招へいチーム参加者

ブラジル中央統一労働組合(CUT)

1.氏 名Ms. Jandyra Massue Uehara Alves
 所 属ブラジル中央統一労働組合(CUT)
 役 職事務局長
 組合歴12年

ブラジル中央統一労働組合(CUT)

2.氏 名Mr. Jacy Afonso Melo
 所 属ブラジル中央統一労働組合(CUT)
 役 職組織化局長
 組合歴30年

ブラジル中央統一労働組合(CUT)

3.氏 名Ms. Maria Aparecida Faria
 所 属ブラジル中央統一労働組合(CUT)
 役 職副事務局長
 組合歴20年

メキシコ労働組合連盟(CTM)

4.氏 名Mr. Luis Diaz Vargas
 所 属メキシコ労働組合連盟(CTM)
 役 職書記
 組合歴40年

メキシコ労働組合連盟(CTM)

5.氏 名Mr. Salvador Medina Torres
 所 属メキシコガス・関連産業労働組合(TTC)
 役 職書記
 組合歴40年

メキシコ労働組合連盟(CTM)

6.氏 名Mr. Daniel Raul Arevalo Gallegos
 所 属牛乳・食品・関連産業における労働者の全国労働組合(SINDILAC)
 役 職事務局長
 組合歴30年

参加者の様子

全国ガス労働組合連合会講義

連合本部訪問

中央労働委員会訪問