バクタプール新校舎竣工(児童労働撲滅のための非正規学校ブロジェクト)

 JILAFでは、国際的な社会開発活動の一環として、インドとネパールにおいて、現地労働組合ナショナルセンターと協働し、「児童労働撲滅のための非正規学校ブロジェクト」を長年にわたって展開している。このプロジェクトでは、インドで1校、ネパールで9校の学校を現地労働組合ナショナルセンターとの協力のもとで運営し、家庭の貧困等が理由で普通教育に接することができていない子どもたちに対して教育の機会を提供している。
 
 そのなかで中部バクタプールにおいて2015年の大地震を受け、利用できなくなったバクタプール校の建設をTOTO労使の復旧・復興義捐金を充当して行っているところであるが、その新校舎の竣工式を、4月13日、開催した。式典には、平野TOTO株式会社上席執行役員人材本部長、川本TOTOユニオン中央執行委員長・加邉同書記長の立会いのもと、TOTO労使、JILAF、NTUC本部・支部、地方自治体、学校運営関係者(児童・保護者・卒業生他)、マスメディアの計84名が参加した。
 
 式典では、齋藤JILAF副事務長、川本TOTOユニオン執行委員長、平野TOTO(株)上席執行役員、プスカール・アチャーリア制憲議会議員、キラナート・ダールNTUC(ネパール労働組合会議)会長がそれぞれ挨拶し、次にTOTO労使から学校関係者にプレートを授与した。つづいて、新校舎に設置するTOTO便器を披露、加邉TOTOユニオン書記長より使用方法をデモンストレーションした後、生徒代表に記念品を贈呈した。その後、生徒代表ならびに保護者代表から御礼挨拶があり、カドカNTUCバクタプール支部長の挨拶をもって閉会とした。なお、式典の模様は、「ネパールサマチャルパトラ紙」等のメディアがカバーした。

日程

月日内容
04月12日4月12日(水)非正規学校運営会議等
04月13日4月13日(木)バクタプール新校舎竣工式等
04月14日4月10日(月)~4月11日(火)教師研修

参加者の様子

学校運営会議

教師研修

プレート授与式