タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(2月)

コンケンナムポン市役所での作業委員会の様子

 国際労働財団(JILAF)は2月、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)をチェンマイ、コンケンにおいて実施した。

 チェンマイにおいては、より困難な状況下にあるインフォーマルセクター労働者(障がい者、高齢者)に対する職能開発訓練(50名参加)
を実施した。

 2月2~4日は、伝統的お菓子作り、花輪作りで、訓練には、チェンマイ高齢者協会代表者やドーンケオ区役所職員も参加し、それぞれから、ネットワークメンバーが作る花輪の定期的買い取りや、区役所での行事での伝統的お菓子の販売等、支援表明があった。

 2月19~20日は、有機ハーブ栽培で(30名参加)、共催したドーンケオ区立病院からは、有機ハーブの具体的な買い取り品種と買い取り価格の説明があった他、北部作業委員(兼伝統的按摩学校校長)からも伝統的按摩(古式マッサージ)で使用する有機ハーブの種類や買い取り量、価格の説明があった。販売売り上げは、栽培者への還元に加え、SGRA協同組合でが貯蓄・福利厚生の充実にあてる旨確認した。

 コンケンにおいては、2月14日、ナムポン市役所において、コンケン作業委員会を開催し、チョンプー(Ms)ナムポン市長含む7名が参加し、既存ネットワークメンバー(有機赤米栽培農家)の今後のフォローアップ計画や地方自治体への協力要請について議論を行なった。作業委員会後、今後一つの米蔵での一括管理体制に変更し、品質管理したい旨相談・要望があり、JILAFは、米蔵建設の一部費用を支援することとした。

日程

月日内容
02月03日2月3日、チェンマイ県ドーンケオ区、障がい者リハビリテーションセンターにて職能開発訓練を実施。
02月04日2月14日、コンケン県ナムポン市役所において、コンケン作業委員会を開催。
02月05日2月20日、チェンマイ県ドーンケオ区役所にて、職能開発訓練(有機ハーブ栽培)をドーンケオ区立病院との共催で実施。

参加者の様子

コンケンライスベリーグループの米蔵建築現場

チェンマイ障がい者、高齢者対象の伝統お菓子作りの職業訓練の様子 (1)

チェンマイ障がい者、高齢者対象の有機ハーブ栽培の職業訓練の様子