カンボジアITUC-CC・JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

 国際労働財団(JILAF)は、7月30~31日の2日間、カンボジア・プノンペンにて国際労働組合総連合カンボジア協議会(ITUC-CC)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」を開催した。セミナーにはITUC-CC加盟組織である3つのナショナルセンター(カンボジア労働組合連盟/CCTU、カンボジア労働組合連合/CCU、カンボジア労働総連合/CLC)より計60人が参加した。
 本セミナーは、雇用安定・拡大と生活水準向上にむけた労働組合の役割グローバル化における労働組合の役割を主なテーマとし、アジア諸国の経済成長が急速に進む中にあって、建設的労使関係構築の重要性や無用な労使紛争の未然防止等を中心に論議した。
 セミナー開会式には、イッ・サムヘン労働職能訓練大臣やサンドラ・ダミコ・カンボジア経営者企業協会副会長から来賓挨拶があった。セミナー開会の模様は、大臣の発言を中心に、国内紙1紙とテレビ局4社によって報じられた。
開会に続く講義と発表では、まず塩田事務長ら「日本の労使関係と労働組合の役割」と題して、日本の労働組合の構造や交渉・労使協議の機能、春季生活闘争のメカニズムなど、労使関係に関わる労働組合の役割について説明した。
続いてITUC-CC各3組織より、取り組みの現状と課題について発表が行われ、いずれも、労使間の対話による建設的労使関係を重要視しつつも、使用者側の不誠実な対応に対する怨嗟の声があった。 関口所長から、「AEC発足後の労働組合の対応」と題して、ASEAN各国の雇用・労働に係るデータを用いて説明した。 
2日目のグループ討議では、4グループに分かれ、各グループが3つのテーマ(①無用な労使紛争未然防止のための労働組合の役割、②組織拡大・強化の上での課題とその克服、③自分たちの求める労働協約の考え方)の中からひとつを選択し、発表した。
グループ発表では、組織内教育と現場でのコミュニケーションの促進や、これに根ざした組合の立案力・信頼性の向上が認識されたほか、①誠実な労使間対話の積み重ねや取引先、地域関係当局からの信頼性の獲得のための取り組み、②労働組合内の活動モニタリングや分析力の向上、要求事項の優先順位の付け方、③非正規雇用の組合員の結集への努力などが挙げられた。閉会総括で塩田事務長は、本日のセミナーで得た情報などを職場に持って帰って実践してほしい」とまとめ、セミナーを終了した。

日程

月日内容
07月30日労使関係・労働政策セミナー1日目
07月31日労使関係・労働政策セミナー2日目

参加者の様子

イッ・サムヘン労働職能訓練大臣挨拶

会場の様子