活動報告

2018年

海外の労働事情2018.02.14

バングラデシュ・モンゴルチームの労働事情

2017年12月8日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

トピックス2018.02.09

JILAFタイ事務所だより(1月)

JILAFタイ事務所だより(1月)を掲載しました。

海外の労働事情2018.02.08

再招へいチームの労働事情

2017年11月29日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

2017年

トピックス2017.12.26

JILAFタイ事務所だより(12月)

JILAFタイ事務所だより(12月)を掲載しました。

現地支援2017.12.09

バングラデシュ国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月期)

人物招聘2017.12.07

中南米チーム

トピックス2017.12.07

JILAFタイ事務所だより(11月)

JILAFタイ事務所だより(11月)を掲載しました。

海外の労働事情2017.12.07

アフリカ英語圏チームの労働事情

2017年11月10日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2017.12.07

中南米チームの労働事情

2017年10月20日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2017.12.07

先進国チームの労働事情

2017年9月8日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.12.06

ラオス、タイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)を実施

現地支援2017.12.06

バングラデシュITUC-BC労使関係・労働政策セミナー

人物招聘2017.12.06

アフリカ英語圏チーム

現地支援2017.12.06

スリランカCWC/NTUF/SLNSS労使関係・労働政策セミナー

現地支援2017.12.05

タイ、JILAFタイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月期)

人物招聘2017.11.29

先進国チーム

現地支援2017.11.27

インドネシアCITU/JILAF労使関係・労働政策セミナー

現地支援2017.11.22

ラオス、JILAFタイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月期)

現地支援2017.11.22

ミャンマーCTUM/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナー

トピックス2017.11.13

JILAFタイ事務所だより(10月)

JILAFタイ事務所だより(10月)を掲載しました。

現地支援2017.10.26

JILAF/ITUC-AP/OTC共催 第10回ユース・リーダーシップコース(多国間セミナー)を開催

JILAF/ITUC-AP/OTC共催 第10回ユース・リーダーシップコース(多国間セミナー)を開催

トピックス2017.09.29

JILAFタイ事務所だより(9月)

JILAFタイ事務所だより(9月)を掲載しました。

現地支援2017.09.28

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助金事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、9月17日(日)~22日(金)の日程でネパールの首都カトマンズを訪問し、各郡地域作業委員会(構成:地域政労使、通称:RWC)の主要メンバーを召集した「合同地域作業委員会(JRWC)」をカトマンズで開催した。

現地支援2017.09.21

パキスタンPWF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

国際労働財団(JILAF)は、パキスタン労働者連盟(PWF)との共催で、労使関係・労働政策セミナーを9月9~10日、イスラマバードで開催した。 セミナーには、アジャブ・カーンPWF会長、ザフール・アワンPWF事務局長をはじめ、PWF所属組合役員60人が全国より参集した。 

海外の労働事情2017.09.07

ユーラシアチームの労働事情

2017年7月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

トピックス2017.08.30

JILAFタイ事務所だより(8月)

JILAFタイ事務所だより(8月)を掲載しました。

現地支援2017.08.30

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(8月期)

8月17日、タイ東北部コンケン県にて、コンケン作業委員会を開催、また、8月19日、バンコクにおいてSERC主催のもと、起業支援に関するフォローアップセミナー(ILO起業支援ツールを使用)を開催しました。

海外の労働事情2017.08.23

ラオス・タイチームの労働事情

2017年6月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2017.08.23

労使紛争未然防止セミナーを開催

8月8日、タイ、ベトナムの労働組合指導者と経営側トップリーダー等を招き、第5回労使紛争未然防止セミナーを開催しました。

海外の労働事情2017.08.21

カンボジア・ミャンマーチームの労働事情

2017年7月7日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.08.04

インドINTUC/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

7月26日と27日の両日にわたり、インド・アンドラプラデシュ州 ビジャヤワダにおいて、インド全国労働組合会議(INTUC)、国際労働財団(JILAF)の共催による「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

トピックス2017.08.04

JILAFタイ事務所だより(6月、7月)

JILAFタイ事務所だより(6月、7月)を掲載しました。

現地支援2017.08.02

ラオス、JILAFタイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月期)

7月14~15日、ラオス南部チャンパサックにて、7月25~26日、ラオス北部ウドムサイにて、フォローアップセミナー、作業委員会などを開催した。

現地支援2017.08.02

カンボジアITUC-CC・JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は、7月29~30日の2日間、カンボジア・プノンペンにて国際労働組合総連合カンボジア協議会(ITUC-CC)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」を開催した。

人物招聘2017.08.01

アジアユースチーム

9月3日(日)~9月16日(土)の日程でアジアユースチームが来日しました。

現地支援2017.07.24

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

国際労働財団(JILAF)は、「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、7月9日~10日、バングラデシュの首都ダッカを訪問し、全労済協会より講師を招き、人財養成セミナー(TOT)を開催した。

現地支援2017.07.24

タイITUC-TC/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

タイのバンコクにおいて、7月22日及び23日の二日間、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)との共催による日本国政府(厚生労働省)受託事業「労使関係・労働政策セミナー」を開催した。

現地支援2017.07.21

ラオス労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

ラオスの首都ビエンチャンにおいて、7月5日及び6日の二日間、ラオス労働組合連盟(LFTU)との共催による「労使関係・労働政策セミナー」を開催した。

海外の労働事情2017.07.13

建設的労使関係強化・発展チームの労働事情

2017年6月9日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.06.28

モンゴル労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

JILAFは、6月21日と22日の2日間にわたり、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催で「労使関係・労働政策(IR)セミナー」を開催しました。

現地支援2017.06.27

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月期)

日本国政府(厚生労働省)の補助により実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、6月12日(月)~22日(木)の日程で、首都カトマンズおよび事業展開地であるバクタプール郡、モラン郡、パルサ郡他を訪問し、それぞれ第1回地域作業委員会(RWC:地域政労使等で構成)を開催した後、インフォーマルセクター労働者の生活改善・底上げに向けたライフサポートセミナー(LSS)を通じて新たなネットワークメンバーを組織化した。

現地支援2017.06.27

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月、6月期)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2017年度事業を始動するにあたり、5月26日(金)~6月1日(木)、ウドムサイ、ビエンチャンを訪問し、今年度事業方針に基づく年間計画ならびに具体的活動内容等について検討・論議した。

現地支援2017.06.27

タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月、6月期)

JILAFタイ事務所は「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2017年度の本格的事業始動に向けた調整を目的に、スラータニー、チェンマイ、コンケンの各県を訪問した。

海外の労働事情2017.06.27

中国・インドネシアチームの労働事情

2017年5月19日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2017.06.06

カンボジア・ミャンマーチーム

7月2日から7月15日の日程で、カンボジア・ミャンマーの2ヵ国計13名(うち、女性5名)を招へいしました。

トピックス2017.06.06

JILAFタイ事務所だより(5月)

JILAFタイ事務所だより(5月)を掲載しました。

人物招聘2017.06.05

ユーラシアチーム

2017年7月23日~8月5日の日程で、ベラルーシ、ウクライナ、カザフスタン、アゼルバイジャン、モルドバ、ジョージア、ウズベキスタンの7カ国から組合リーダー11人(うち女性5人)を招へいしました。

現地支援2017.05.25

フィリピン労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「グローバル経済における政労使の役割、建設的労使関係の構築を通じた国内雇用の創出・安定」と題する労使関係・労働政策セミナーを5月17~18日、マニラで開催した。

現地支援2017.05.16

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月期)

国際労働財団(JILAF)は、2017年5月11日、バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)における今年度の始動に向けた具体的活動内容を確認するため、バングラデシュ・ダッカにて第1回中央推進懇談会を開催した。

人物招聘2017.05.16

ラオス・タイチーム

2017年6月18日(日)~7月1日(土)の14日間、ラオス・タイチームが来日しました。

人物招聘2017.05.15

建設的労使関係強化・発展チーム(タイ、インドネシア、フィリピン、マレーシア)

2017年6月4日(日)から6月13日(火)までの10日間、建設的労使関係強化・発展チーム(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ)が来日しました。

人物招聘2017.05.13

中国・インドネシアチーム 

5月14日から27日の日程で、中国、インドネシアの2ヵ国計11名(うち、女性4名)を招へいしました。

トピックス2017.04.28

JILAFタイ事務所だより(2月)

JILAFタイ事務所だより(2月)を掲載しました。

トピックス2017.04.28

JILAFタイ事務所だより(3月、4月)

JILAFタイ事務所だより(3月、4月)を掲載しました。

現地支援2017.04.27

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4月期)

2017年度タイSGRAがスタートしました。

現地支援2017.04.27

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の実施(4月期)

SGRA2017年度の事業開始にあたり、4月8日(月)~18日(火)にカトマンズを訪問し、現地関係者との協議・調整を行ないました。

現地支援2017.04.27

バクタプール新校舎竣工(児童労働撲滅のための非正規学校ブロジェクト)

バクタプール校の新校舎の竣工式を、4月13日、開催しました。

現地支援2017.03.16

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(2月)

国際労働財団(JILAF)は2月、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)をチェンマイ、コンケンにおいて実施しました。

広報2017.03.07

第24回理事会・第17回評議員会を開催

JILAF第24回理事会・第17回評議員会を開催しました。

海外の労働事情2017.03.02

南米チームの労働事情

2017年1月20日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.02.27

国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)四カ国政労使代表者会議の開催

国際労働財団(JILAF)は、2月23~24日、「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の4カ国政労使代表者会議(ITM)をラオス・ビエンチャンにおいて開催しました。

海外の労働事情2017.02.24

マレーシア・パキスタン・フィリピンチームの労働事情

2016年12月9日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.02.15

ネパール、タイ国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月期)

1月26日、ネパールラリットプール郡カトマンズにおいて、識字・縫製基礎訓練所を訪問、学習状況等を確認しました。17日、バンコク近郊にて、コミュニティへの展開のためのセミナーを実施しました。

広報2017.02.15

連合加盟産別及びGUFとの懇談会(第5回)を開催

「連合加盟産別及びGUFとの懇談会」を開催しました。

海外の労働事情2017.02.15

再招聘チーム労働事情を聴く会拡大版

2016年11月30日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2017.02.09

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2016年11月11日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2017.02.09

南アジア女性チームの労働事情

2016年10月21日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2017.01.25

中国・タイチームの労働事情

2016年10月7日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2017.01.24

ベトナムVGCL/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

 国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催のもと、1月8~14日、労使関係・労働政策セミナーをハイフォン市とカントー市の2か所にて開催し、それぞれVGCL組合員、ベトナム商工会議所(VCCI)の50人、計100人が参加しました。

トピックス2017.01.24

JILAFタイ事務所だより(12月)

JILAFタイ事務所だより(12月)を掲載しました。

現地支援2017.01.19

ラオス・タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(12月期)

12月4日、タイ、バンコクにて、ドメスティックワーカー(家事労働者)50名を対象としたSGRA協同組合のフォローアップセミナーを実施した。12月11日~16日、ラオス、サワンナケート・チャンパサックにおいて、有機農法にかかる政府主体職能開発訓練への橋渡し「ブリッジング」を実施し、訓練には、合計90人のネットワークメンバーが参加した。

2016年

現地支援2016.12.15

ネパール労使関係・労働政策(IR)セミナー

国際労働財団(JILAF)は、12月13日、14日の2日間、国際労働組合総連合(ITUC)加盟の3組織(ネパール労働組合会議/NTUC、ネパール労働組合総連合/GEFONT、全ネパール労働組合連盟/ANTUF)を対象とする「労使関係・労働政策セミナー」をネパール・カトマンズにて開催し、57人が参加した。

現地支援2016.12.09

ラオス、ネパール、タイ国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月期)

10月31日~11月1日、ラオス南部サワンナケート・ガイソン郡にて、11月2~3日、チャンパサック県パークチョン郡にて、11月6日、ネパールラリットプール郡カトマンズにおいて、11月16日、タイ、チェンマイ県ドーンケオ町にてインフォーマルセクター労働者を対象としたフォローアップおよびライフサポートセミナーを開催した。

現地支援2016.12.09

ミャンマーCTUM/JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

国際労働財団(JILAF)は、11月26日、27日の二日間、ミャンマー労働組合連盟(CTUM)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をミャンマー・ヤンゴンにて開催し、政府関係者、使用者関係者からも参加を得て、89人(うち女性59人)が参加した。

人物招聘2016.12.09

南米チーム

2017年1月15日~28日の日程で、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ウルグアイの5ヵ国計10名(うち、女性4名)を招へいしました。

海外の労働事情2016.12.06

先進国チームの労働事情

2016年9月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2016.12.01

第23回理事会・第16回評議員会を開催

JILAF第23回理事会・第16回評議員会を開催しました。

現地支援2016.11.29

パキスタンPWF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

国際労働財団(JILAF)は、パキスタン労働者連盟(PWF)との共催で、労使関係・労働政策セミナーを11月15~16日、イスラマバードで開催しました。

現地支援2016.11.29

バングラデシュITUC-BC/JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

国際労働財団(JILAF)は、国際労働組合連合バングラデシュ協議会(ITUC-BC)と共催で、「健全な労使関係の構築と雇用安定」を主要テーマとし、労使関係・労働政策セミナーを11月23~24日、バングラデシュ・ダッカで開きました。

海外の労働事情2016.11.28

ラオス・ベトナムチームの労働事情

2016年9月9日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2016.11.16

インドネシアKSPI/JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

10月30日から11月4日の6日間にわたり、インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ市において、国際労働財団(JILAF)とインドネシア労働組合総連合(CITU/KSPI)との共催で、「インドネシアKSPI/JILAF労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2016.11.16

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、11月10日(木)~13日(日)、タイの首都バンコクを訪問し、各種会議、セミナーを開催しました。

現地支援2016.11.16

ラオス・タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(10月期)

ラオス(ビエンチャン)、タイ(北部チェンマイ、南部クラビ県ランタ島)において国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)を実施しました。

広報2016.11.16

タイ王国プミポン・アドゥンヤデート国王陛下崩御

トピックス2016.11.16

JILAFタイ事務所だより(10月)

JILAFタイ事務所だより(10月)を掲載しました。

人物招聘2016.11.09

マレーシア・パキスタン・フィリピンチーム

12月4日から12月17日の日程で、マレーシア、パキスタン、フィリピンチームを招へいし、マレーシア労働組合会議(MTUC)、パキスタン労働者連盟(PWF)、フィリピン労働組合会議(TUCP)の3ヵ国から計14名(うち、女性6名)が参加しました。

現地支援2016.11.01

スリランカCWC/NTUF/SLNSS/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は10月17日、18日の2日間、スリランカ・コロンボにおいて国際労働組合総連合(ITUC)加盟2組織(セイロン労働者会議/CWC、全国労働組合連盟/NTUF、スリランカ・ニダハス・セワカ・サンガマヤ/SLNSS)のリーダー層を対象とする、「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、各組織より計58人が参加しました。

現地支援2016.10.21

ラオス・タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月期)

ラオス(チャンパサック)、タイ(バンコク)において国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)を実施しました。

トピックス2016.10.21

アジアの新聞から

アジアの新聞からを掲載しました。

トピックス2016.10.21

JILAFタイ事務所だより(9月)

JILAFタイ事務所だより(9月)を掲載しました。

人物招聘2016.10.11

再招へいチーム

11月27日から12月3日の7日間の日程で「再招へいチーム」として、インドネシアとミャンマーからの再招へい者6名(女性2名)を招へいしました。

人物招聘2016.10.10

南アジア女性チーム

10月16日から10月25日の10日間で、南アジアの4ヵ国10名の労働組合女性リーダーを招へいしました。

人物招聘2016.10.07

中東・アフリカ北部チーム

11月6日から19日の日程で中東・アフリカ北部チームを招へいし、アルジェリア一般労働組合(UGTA)、バーレーン労働組合総連盟(GFBTU)、独立エジプト労働組合総連盟(EFITU)、ヨルダン労働組合総連合(GFJTU)、モロッコ労働組合(UMT)、パレスチナ労働組合総連盟(PGFTU)、チュニジア労働総同盟(UGTT)より計11人(うち女性4人)が参加しました。

広報2016.10.03

グローバルフェスタJAPAN2016にJILAFも参加

グローバルフェスタJAPAN2016が、10月1日~2日、東京・お台場 センタープロムナードで開催され、JILAFも参加しました。

トピックス2016.09.21

JILAFタイ事務所だより(8月)

JILAFタイ事務所だより(8月)を掲載しました。

現地支援2016.09.20

ラオス、JILAFタイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(8月期)

8月17~20日、ラオス南部サワンナケートにて、サトウキビ農家を対象としたフォローアップおよび野菜農家を対象としたライフサポートセミナーを開催しました。

トピックス2016.09.20

アジアの新聞から

アジアの新聞からを掲載しました。

現地支援2016.09.14

モンゴル労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

JILAFは、8月30日と31日の2日間にわたり、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催でウランバートル市において「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2016.09.14

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助金事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、9月6日(火)~12日(月)の日程でネパールの首都カトマンズを訪問し、中央推進委員会および拡大管理委員会を開催しました。

現地支援2016.09.13

JILAF/ILO共催「グローバル化と経済統合、労働組合の役割~」を主要テーマに多国間セミナーを開催

8月22日から26日の五日間にわたり、タイ王国バンコクにおいて国際労働財団(JILAF)とILO労働者活動局(ILO-ACTRAV)との共催で、「グローバル化と経済統合、労働組合の役割~建設的労使関係の構築を通じた雇用安定と無用な労使紛争の未然防止等に向けて~」を主要テーマとした多国間セミナーを開催しました。

海外の労働事情2016.09.13

バングラデシュ・ネパールチームの労働事情

2016年7月29日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

トピックス2016.09.13

JILAFタイ事務所だより(11月)

JILAFタイ事務所だより(11月)を掲載しました。

人物招聘2016.09.09

中国・タイチーム

10月2日から10月15日の日程で、中国、タイチームを招へいし、2ヵ国から計12名(うち女性5名)が参加しました。

トピックス2016.08.29

JILAFタイ事務所だより(7月)

JILAFタイ事務所だより(7月)を掲載しました。

現地支援2016.08.26

JILAFタイ事務所による国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業タイ(SGRA)の実施(7月期)

7月3日、タイ東北部サムットサーコン県にて、インフォーマルセクター労働者(移民労働者他)を対象に今後のコミュニティ展開のためのライフサポートセミナー(LSS)を開催しました。また、タイ南部スラータニー県にて、既存ネットワークメンバーを対象としたSGRA協同組合(クレジットユニオン)最終登記に向けたフォローアップセミナーを開催しました。

広報2016.08.25

労使紛争未然防止セミナーを開催

2016年8月9日、労使紛争未然防止セミナーを開催しました。インドネシアと中国の現状について報告を受け、それを受けて質疑応答を行いました。

人物招聘2016.08.24

先進国チーム

JILAFは2016年9月25日から10月1日の日程で、イスラエル・スイス・アメリカより3ヵ国計5名(うち女性2名)を招へいしました。

現地支援2016.08.24

カンボジアITUC-CC・JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)を開催

国際労働財団(JILAF)は、7月30~31日の2日間、カンボジア・プノンペンにて国際労働組合総連合カンボジア協議会(ITUC-CC)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2016.08.24

JILAF/ITUC-AP/OTC共催 第9回ユース・リーダーシップコース(多国間セミナー)を開催

国際労働財団(JILAF)は、7月22日(金)~29日(金)の8日間、シンガポールにおいて、国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)、オン・テン・チョン労働研究所(OTCi)との共催により、第9回ユースリーダーシップコースを開催しました。

現地支援2016.08.03

タイITUC-TC/JILAF労使関係・労働政策セミナーを開催

タイのバンコクにおいて、7月18日及び19日の二日間、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)との共催による日本国政府(厚生労働省)受託事業「労使関係・労働政策セミナー」が開催されました。

海外の労働事情2016.07.25

ユーラシアチームの労働事情

2016年7月1日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

トピックス2016.07.21

アジアの新聞から

アジアの新聞からを掲載しました。

現地支援2016.07.20

インドINTUC/JILAF労使関係・労働政策(IR)セミナー(報告)

7月6日と7日の両日にわたり、インド・アンドラプラデシュ州 ビジャヤワダにおいて、インド全国労働組合会議(INTUC)、国際労働財団(JILAF)の共催による「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

人物招聘2016.07.20

ラオス・ベトナムチーム

9月4日から9月17日の日程で、ラオス、ベトナムチームを招へいし、2か国から12名(うち女性6名)が参加しました。

トピックス2016.07.15

JILAFタイ事務所だより(6月)

JILAFタイ事務所だより(6月)を掲載しました。

現地支援2016.07.15

タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月期)

JILAFタイ事務所は「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度の本格的事業始動に向けた調整を目的に、スラータニー、コンケン、チェンマイの各県を訪問しました。

現地支援2016.07.15

ラオス労使関係・労働政策(IR)セミナーを開催

ラオスの首都ビエンチャンにおいて、7月5日及び7月6日の二日間、ラオス労働組合連盟(LFTU)との共催による「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2016.07.15

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度の本格的事業始動に向けた調整を目的に、6月24日(金)~27日(月)、バングラデシュの首都ダッカを訪問し、本年度の第1回中央推進懇談会(2016.5.7)での確認をふまえ、ダッカ・クルナ・チッタゴンにおけるILO主体建設等訓練(男性対象基礎建設訓練他)へのSGRA新規ネットワークメンバーの受け入れ(「ブリッジング」)の実施に向けた現地調整を実施しました。

トピックス2016.07.04

アジアの新聞から

アジアの新聞からを掲載しました。

人物招聘2016.06.30

アジアユースチーム

6月5日から6月18日の日程で、アジアユースチームを招へいしました。今回はインド・モンゴル・フィリピン・ベトナムの4カ国6組織から8人(うち女性5人)の参加となりました。

現地支援2016.06.29

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

SGRA事業のため、6月8日(水)~17日(金)の日程で、首都カトマンズおよび事業展開地であるバクタプール郡、モラン郡、パルサ郡他を訪問し、それぞれ第1回地域作業委員会(RWC:地域政労使等で構成)を開催した後、インフォーマルセクター労働者の生活改善・底上げに向けたライフサポートセミナー(LSS)を通じて新たなネットワークメンバーを組織化しました。

人物招聘2016.06.17

バングラデシュ・ネパールチーム

7月24日から8月6日の日程で、バングラデシュ、ネパールチームを招へいし、2ヵ国から計10名(うち女性4名)が参加しました。

トピックス2016.06.17

JILAFタイ事務所だより(5月)

JILAFタイ事務所だより(5月)を掲載しました。

現地支援2016.06.17

中国 中華全国総工会(ACFTU)/JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)の開催

6月6日、8日と中華人民共和国・北京市/江蘇省南京市の2都市において、国際労働財団(JILAF)と中華全国総工会(ACFTU)との共催で、「労使関係・労働政策セミナー(IR)」を開催しました。

広報2016.06.15

第15回評議員会

第15回評議員会を開催しました。

海外の労働事情2016.06.14

カンボジア・インドネシアチームの労働事情

2016年5月20日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

トピックス2016.06.13

シンガポール:日系企業の従業員の高齢化が問題に(アジアの新聞から)

「日系企業の従業員の高齢化が問題に」を掲載しました。

トピックス2016.06.13

アセアン:アセアン間の整合的で一貫した移民政策の必要性(アジアの新聞から)

「アセアン間の整合的で一貫した移民政策の必要性」を掲載しました。

現地支援2016.06.13

タイ、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月期)

国際労働財団(JILAF)は、タイ5月期SGRA事業として、5月11日~13日、タイ東北部コンケン県にて「コミュニティ展開に向けたライフサポートセミナー(LSS)」等を実施、5月29日~31日には、タイ北部チェンマイにて「コミュニティ展開に向けたライフサポートセミナー(LSS)」、「障がい者支援に向けた作業委員会」をそれぞれ開催しました。

人物招聘2016.06.06

ユーラシアチーム

6月26日から7月9日の日程で、カザフスタン・ウクライナ・トルコより3ヵ国計10名(うち女性7名)が参加し、全てのプログラムを予定通りに遂行しました。

現地支援2016.06.03

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度事業を始動するにあたり、5月25日(水)~31日(火)、ビエンチャンを訪問し、今年度事業方針に基づく年間計画ならびに具体的活動内容等について検討・論議しました。

現地支援2016.06.03

フィリピンTUCP/JILAF労使関係・労働政策セミナー(IR)報告

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「ディーセントワークの実現/建設的労使関係の構築」と題する労使関係・労働政策セミナーを5月17~18日、マニラ市で開催、約90人が参加しました。

現地支援2016.06.02

ラオス、LFTU/GUF/TUSSO多国間ドナー調整会議が開催

労働組合国際連帯支援組織(TUSSO)・国際産業別労働組合組織(GUF)調整会議(第5回)が5月13~14日、ラオス人民民主共和国ビエンチャンで開かれ、2017年1月シンガポールにて開催予定の調整会議に先立ち情報収集および活動調整などが行われました。

トピックス2016.06.02

インドネシア:メード派遣を今月にも凍結、来年は完全停止(アジアの新聞から)

「メード派遣を今月にも凍結、来年は完全停止」を掲載しました。

トピックス2016.06.02

インドネシア:就業1か月以上のすべての労働者に休暇手当(アジアの新聞から)

「就業1か月以上のすべての労働者に休暇手当」を掲載しました。

現地支援2016.06.01

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度の本格的事業始動に向けた調整を目的に、4月16日(土)~20日(水)、バングラデシュの首都ダッカを訪問し、非公式中央作業委員会を開催した他、関係者との協議を実施しました。

トピックス2016.05.26

JILAFタイ事務所だより(4月)

JILAFタイ事務所だより(4月)を掲載しました。

広報2016.05.25

第21回理事会

第21回理事会を開催しました。

現地支援2016.05.24

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(5月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度始動に当たり、中央政労使・ILOおよびJILAFで構成する第1回中央推進懇談会(RT)を開催し、今年度事業方針に基づく年間計画および具体的活動内容等について検討・論議しました。

現地支援2016.05.18

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年事業を始動するにあたり、4月22日(金)~27日(水)、バンコクを訪問し、今年度事業方針に基づく年間計画ならびに具体的活動内容等について検討・論議しました。

現地支援2016.05.09

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の2016年度の本格的事業始動に向けた調整を目的に、4月16日(土)~20日(水)、バングラデシュの首都ダッカを訪問し、非公式中央作業委員会を開催した他、関係者との協議を実施しました。

トピックス2016.05.01

JILAFタイ事務所だより(3月)

JILAFタイ事務所だより(3月)を掲載しました。

人物招聘2016.04.28

カンボジア・インドネシアチーム

5月15日から28日の日程で、カンボジア・インドネシアより2ヵ国計10名(うち女性4名)を招へいしました。

現地支援2016.04.20

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の実施

 4月5日、ネパールにおける今年のSGRA事業を決めるべく、現地の政・労・使およびILOで構成される「中央推進委員会(CAC)等を開催、各組織の任務・役割を再確認しました。また、ラリットプール郡においてあらたに展開する「震災被災者生活再建事業」のための準備委員会を開催しました。

現地支援2016.04.20

NTUC/JILAF非正規学校運営会議および教師研修を開催

ネパール労働組合会議(NTUC)とJILAFがネパール全土で協働運営している9校の非正規学校運営会議を4月6日(水)カトマンズで開催、最終年の学校運営始動にあたり、JILAF、NTUC本部/支部、教師等間の情報共有や連携をさらに緊密化することなどを確認しました。

現地支援2016.03.28

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(3月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)の補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、3月7日(月)~14日(月)、サワンナケートを訪問し、ネットワークメンバーの生活改善・底上げの一環として、ラオス政府等主催職能開発訓練への橋渡し(「ブリッジング」)や既存ネットワークメンバーのフォローアップなどを行いました。

現地支援2016.03.08

国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)四カ国政労使代表者会議の開催

国際労働財団(JILAF)は、2月27日、「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」の4カ国政労使代表者会議をバングラデシュ人民共和国・ダッカにおいて開催し、SGRA事業実施4カ国(タイ、ネパール、バングラデシュ、ラオス)の政・労・使代表者の他、日本国政府など、計60人が参加しました。

現地支援2016.02.25

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(2月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)の補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、2月1日(月)~7日(日)、ネパールの首都カトマンズを訪問し、中央推進委員会および、2015年度事業の総括となるナショナルワークショップをILOと共催で開催しました。

海外の労働事情2016.02.25

中南米チームの労働事情

2016年1月22日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2016.02.19

中南米チーム

2016年1月17日~1月30日の日程で、中南米(ブラジル・チリ・コロンビア・コスタリカ・メキシコ・パナマ・ウルグアイ)チームが来日しました。

広報2016.02.18

連合加盟産別及びGUFとの懇談会(第4回)を開催

国際労働財団が毎年行っている「連合加盟産別及びGUFとの懇談会」を2月17日(水)午後、都内において開催しました。

現地支援2016.02.15

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(1月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、1月21日(木)~25日(月)、タイ北部チェンマイを訪問し、第3回中央推進委員会ならびにナショナルワークショップを開催しました。

現地支援2016.02.14

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(1月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、1月18日(月)~20日(水)、ラオスの首都ビエンチャンを訪問し、第3回中央推進委員会ならびにナショナルワークショップを開催しました。

現地支援2016.02.14

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(1月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、1月11日(月)~15日(金)、バングラデシュの首都ダッカを訪問し、ILOとの共催によるワークショップを開催しました。

人物招聘2016.01.22

中東・アフリカ北部チーム

2015年11月29日~12月12日の日程で、中東・アフリカ北部(アルジェリア・バーレーン・エジプト・ヨルダン・モロッコ・パレスチナ・チュニジア)チームが来日しました。

人物招聘2016.01.21

アジア・太平洋チーム

2015年11月8日~11月21日の日程で、アジア・太平洋チーム(インド・スリランカ・マレーシア・フィリピン・香港・東ティモール・フィジー)チームが来日しました。

海外の労働事情2016.01.20

中東アフリカ北部チームの労働事情

2015年12月4日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2016.01.18

アジア太平洋チームの労働事情

2015年11月13日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2016.01.16

第3回労使紛争未然防止セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は、2015年12月17日、東京でカンボジア、フィリピンの労働組合と経営側のトップリーダーを招き、無用な労使紛争を未然に防止するための対策等を検討・議論するため当セミナーを開催しました。

現地支援2016.01.16

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(12月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)の補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、12月13(日)~18日(金)、ラオスの首都ビエンチャンおよび南部サワンナケートを訪問し、ネットワークメンバーの生活改善・底上げの一環として、ラオス政府等主催職能開発訓練への橋渡し(「ブリッジング」)を実施しました。

海外の労働事情2016.01.14

アフリカ英語圏チームの労働事情

2015年10月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2016.01.14

アフリカ英語圏チーム

2015年10月18日~10月31日の日程で、アフリカ英語圏(ガーナ・ケニア・南アフリカ・タンザニア・ウガンダ・ザンビア・ジンバブエ・ナイジェリア)チームが来日しました。

人物招聘2016.01.13

再招へいチーム

2015年10月12日~10月17日の日程で、再招へい(中国・韓国・ベトナム)チームが来日しました。

現地支援2016.01.05

ベトナム労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、12月7日、8日の二日間、ベトナム・ハノイにおいて、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催により、「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、VGCLの地方連合役員や企業別労働組合の役員他、労働傷病兵社会保障省、ベトナム商工会議所(VCCI)の関係者など合計71人(うち、女性29人、日系企業労働組合役員14人)が参加しました。

2015年

現地支援2015.12.25

ネパール労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、12月6日、7日の2日間、国際労働組合総連合(ITUC)加盟の3組織(ネパール労働組合会議/NTUC、ネパール労働組合総連合/GEFONT、全ネパール労働組合連盟/ANTUF)を対象とする「労使関係・労働政策セミナー」をネパール・カトマンズにて開催し、68人が参加しました。

現地支援2015.12.24

JILAF/ILO共催多国間セミナー

11月25日から28日の四日間にわたり、タイ王国バンコクにおいて国際労働財団(JILAF)とILO労働者活動局(ILO-ACTRAV)との共催で、「グローバル化と経済統合、労働組合の役割~建設的労使関係の構築を通じた雇用安定と労使紛争の未然防止等に向けて~」を主要テーマとした多国間セミナーを開催しました。

現地支援2015.12.24

ミャンマー労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、11月28日、29日の二日間、ミャンマー労働組合連盟(CTUM)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をミャンマー・ヤンゴンにて開催しました。

現地支援2015.12.23

バングラデシュ労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、労働者の権利保護とそれを通じた雇用安定・社会経済の発展に向け、労使関係の健全化や労働運動の強化(組織拡大等)が重要と認識し、11月19日と20日の2日間にわたり、ITUCバングラデシュ協議会(ITUC-BC)との共催で、「健全な労使関係の構築と雇用安定」を主要テーマとしたセミナーを首都ダッカにて開催しました。

現地支援2015.12.14

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、11月13日(金)~18日(水)、タイの首都バンコクおよび南部スラータニーを訪問し、各種会議、セミナーを開催しました。

海外の労働事情2015.12.14

再招へいチームの労働事情

2015年10月15日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2015.12.10

アフガニスタンチームの労働事情

2015年10月2日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2015.12.03

アフガニスタンチーム

2015年9月27日~10月6日の日程で、アフガニスタンチームが来日しました。

現地支援2015.11.26

インドネシア労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、11月4日と5日の2日間にわたり、インドネシア共和国西ジャワ州ブカシ市において、国際労働財団(JILAF)とインドネシア労働組合総連合(CITU)との共催で、「CITU/JILAF労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2015.11.25

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(10月)

JILAFは、SGRA現地ネットワークメンバーの生活改善・底上げと現地政労使・ILOによる自立・自律的事業運営を一層強化する観点から、10月25日、バングラデシュ・ダッカ市内において、第2回中央推進懇談会(RT)/第3回中央作業委員会(WG)を開催しました。

現地支援2015.11.20

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(10月)

JILAFは、今年度から開始したラオスにおける「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」として、10月1日、現地中央政労使・JILAFで構成する第2回中央推進委員会(PC)を開催しました。

人物招聘2015.11.12

ラオス・ベトナムチーム

2015年8月30日~9月12日の日程で、ラオス・ベトナムチームが来日しました。

現地支援2015.11.11

スリランカ労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は10月13日、14日の二日間、スリランカ・コロンボにおいて国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)との共催により、ITUC-AP加盟3組織(セイロン労働者会議/CWC、全国労働組合連盟/NTUF、スリランカ・ニダハス・セワカ・サンガマヤ/SLNSS)のリーダー層を対象とする、「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、各組織より計50人(うち、女性21人名)が参加しました。

海外の労働事情2015.11.10

ラオス・ベトナムチームの労働事情

2015年9月4日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2015.11.02

ユーラシアチームの労働事情

2015年7月10日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2015.10.20

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、9月24日(木)~30日(水)、ネパールの首都カトマンズを訪問し、各種会議を開催しました。

広報2015.10.19

連合・第14回定期大会

日本労働組合総連合会(連合)は10月6~7日、「ストップ・ザ・格差社会! すべての働く者の輪へ 『安心社会』を切り拓こう」をスローガンとした第14回 定期大会を東京国際フォーラムで開催し、各構成組織から組合員約1600人が参加しました。

現地支援2015.10.16

パキスタン労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、パキスタン労働者連盟(PWF)との共催で、「グローバル化と健全な労使関係の構築」と題する労使関係・労働政策セミナーを9月6日~7日、イスラマバードで開催しました。

広報2015.10.16

グローバルフェスタJAPAN2015

グローバルフェスタJAPAN2015が、「みんなで世界をHAPPYに! しあわせづくりの現場から」」をテーマとして、10月3日~4日、東京・お台場 センタープロムナードで開催されました。

現地支援2015.09.24

JILAF/ITUC-AP/OTCi共催 第8回ユース・リーダーシップコース(多国間セミナー)

シンガポールにおいて、8月19日(水)~9月2日(水)の16日間、国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)、オン・テン・チョン労働研究所(OTCi)との共催による、日本国政府(厚生労働省)受託事業「多国間セミナー(第8回ユース・リーダーシップコース)」が開催されました。

現地支援2015.09.17

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(8月)

JILAFは、本年度から開始したラオスにおける日本国政府(厚生労働省)の補助を受けた「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」展開地域である、首都ビエンチャンおよび南部サワンナケートにおいて、インフォーマルセクター労働者の生活改善・底上げを目的としたライフサポートセミナーを、ILOと共同で開催しました。

現地支援2015.09.15

児童労働撲滅のための「インド非正規学校」~グントゥール校開校~

JILAFは8月7日~8日に、6月に開校したインド・グントゥール校を訪問し、運営状況その他のモニタリングを行いました。

現地支援2015.08.28

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(8月)

7月30日~8月3日にかけて、バングラデシュ・ダッカ市内におけるSGRA職業訓練(更紗制作、建設、皮革)の各開校式に参加し、ネットワークメンバーを激励しました。

人物招聘2015.08.27

先進国チーム

2015年7月26日~8月1日の日程で、先進国チームが来日しました。

海外の労働事情2015.08.26

先進国チームの労働事情

2015年7月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2015.08.25

カンボジア労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、8月6日、7日の二日間、国際労働組合総連合カンボジア協議会(ITUC-CC)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をカンボジア・プノンペンにて開催した。セミナーにはITUC-CC加盟組織である3つのナショナルセンター(カンボジア労働組合連盟/CCTU、カンボジア労働組合連合/CCU、カンボジア労働総連合/CLC)より計58人が参加しました。

海外の労働事情2015.08.21

ミャンマー・カンボジアチームの労働事情

2015年6月26日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2015.08.19

ユーラシアチーム

2015年7月5日~18日の日程で、ユーラシアチームが来日しました。

現地支援2015.08.18

タイ労使関係・労働政策セミナー

タイのバンコクにおいて、7月18日及び19日の二日間、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)との共催による日本国政府(厚生労働省)受託事業「労使関係・労働政策セミナー」が開催されました。

人物招聘2015.08.17

ミャンマー・カンボジアチーム

2015年6月21日~7月4日の日程で、ミャンマー・カンボジアチームが来日しました。

現地支援2015.08.17

モンゴル労使関係・労働政策セミナー

JILAFは、6月30日と7月1日の2日間にわたり、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催で「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

海外の労働事情2015.08.17

中国・インドネシアチームの労働事情

2015年5月22日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2015.08.05

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

7月2日~3日に、ラオスでSGRA事業推進の中核を担う核人材育成を目的とした拡大作業委員会セミナーを開催し、事業展開地域である首都ビエンチャンおよび南部サワンナケートにおける具体的活動計画(ライフサポートセミナー、互助組織の設置他)等の協議を行いました。

現地支援2015.08.03

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

バングラデシュのラッジシャヒおよびクルナにおけるSGRAショモバエ・ショミティ(協同組合)の政府登録を完了し、6月11日~13日の日程で、現地主導による結成式典が開催されました。

現地支援2015.08.03

ラオス労使関係・労働政策セミナー

ラオスの首都ビエンチャンにおいて、6月30日及び7月1日の二日間、ラオス労働組合連盟(LFTU)との共催による日本国政府(厚生労働省)受託事業「労使関係・労働政策セミナー」が開催され、LFTU役員の他、労働社会福祉省、ラオス商工会議所代表者ほか約70人が参加しました。

人物招聘2015.07.26

アジアユースチーム

2015年6月7日~16日の日程で、アジアユースチームが来日しました。

現地支援2015.07.23

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6~7月)

日本国政府(厚生労働省)の補助により実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、6月30日(火)~7月11日(土)の日程で、首都カトマンズおよび事業展開地であるバクタプール郡、モラン郡、パルサ郡を訪問し、各種会議ならびにライフサポートセミナー、トレーニング・オブ・トレーナーズを開催しました。

現地支援2015.07.23

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

JILAFは、日本国政府(厚生労働省)からの受託により「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」を実施しており、本年度から新たにラオスを事業対象国とした。この一環として、今後本格展開を行うラオス南部サワンナケートでは、6月23日(火)~25日(木)、実務者レベルによる第1回作業委員会を開催しました。

広報2015.07.21

ネパール大地震被災状況調査報告

JILAFは7月4日~9日にかけて、首都カトマンズを中心とした現地の被災状況調査を行うとともに、日本の労働関係団体などからの支援金をNTUCへ直接お届けしました。

人物招聘2015.07.11

中国・インドネシアチーム

2015年5月17日~30日の日程で、中国・インドネシアチームが来日しました。

現地支援2015.06.24

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月)

日本国政府(厚生労働省)からの補助事業である「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の支援事業(通称:SGRA)」は5年目を迎え、今年度より、ラオスでの事業を開始しました。JILAFは、5月17日(日)~5月21日(木)、ラオスの首都ビエンチャンを訪問し、現地関係者との協議・調整等を行いました。

現地支援2015.06.17

フィリピン労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「グローバル経済における政労使の役割、建設的労使関係の構築を通じた国内雇用の創出・安定」と題する労使関係・労働政策セミナーを5月27~28日、マニラで開催しました。

現地支援2015.06.09

インド労使関係・労働政策セミナー

 5月11日と12日の両日にわたり、インド・タミルナドゥ州チェンナイにおいて、インド全国労働組合会議(INTUC)、インド全国労働者連盟(HMS)、国際労働財団(JILAF)の共催による「労使関係・労働政策セミナー」が開催され、各組織のリーダー層約30人が参加しました。

現地支援2015.05.26

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月)

国際労働財団(JILAF)は、2015年5月6日、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)における今年度の始動に向けた具体的活動内容を確認するため、ダッカにて第1回中央推進懇談会および第1回中央作業部会を開催しました。

現地支援2015.05.25

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4月)

日本政府(厚生労働省)の補助事業である「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の支援事業(通称:SGRA)」の5年目の活動を始動するにあたり、4月23日(木)~4月27日(月)、首都バンコクを訪問し、現地関係者との協議・調整を行田いました。

現地支援2015.05.12

ネパールNTUC/JILAF非正規学校運営会議および教師研修の開催(4月)

ネパール労働組合会議(NTUC)とJILAFが、ネパール全土で協働運営している9校の非正規学校運営会議を4月11日にカトマンズで開催し、各校教師および運営関係者約40人が参加しました。

広報2015.05.12

連合「第86回メーデー中央大会」が開催される

連合「第86回メーデー中央大会」が4月29日、東京・代々木公園で開かれ、組合員4万人が結集しました。

現地支援2015.05.11

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業の実施(SGRA4月)

2011年度より日本国政府(厚生労働省)補助事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」が5年目を迎えた。今年度の事業開始にあたり、4月9日(木)~16日(木)にカトマンズを訪問し、現地関係者との協議・調整を行いました。

広報2015.05.04

ネパール地震救援緊急募金の実施

多くの方々にご協力いただき、18万9615円のご寄付をお預かりいたしました。ありがとうございました。

広報2015.03.20

国際シンポジウムを開催

国際労働財団(JILAF)は2月18日、東京・ベルサール神保町で、アメリカ、フランス、スウェーデンの労働組合指導者を招き、「グローバル経済の拡大、日本の小売業の魅力と課題」をテーマにシンポジウムを開催しました。

海外の労働事情2015.03.18

中南米チームの労働事情

2015年1月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2015.03.12

国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA) 3カ国政労使代表者会議の開催(2月)

国際労働財団(JILAF)は2015年2月26日~3月2日、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の3カ国政労使代表者会議のため、タイ王国バンコクを訪問しました。

海外の労働事情2015.03.10

中国・韓国チームの労働事情

2014年12月5日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2015.03.03

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)による補助金事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、2月6日(金)~13日(金)、ネパールの首都カトマンズを訪問し、中央推進委員会および、2014年度事業の総括となるナショナルワークショップを開催しました。

人物招聘2015.03.03

先進国チーム

2015年2月15日~22日の日程で、アメリカ労働総同盟・産別会議(AFL-CIO)、フランス労働総同盟「労働者の力」(CGT-FO)、スウェーデン全国労働組合連盟(LO)の3組織から5人を招へいしました。

人物招聘2015.02.20

中南米チーム

2015年1月18日~31日の日程で、ポルトガル語圏(ブラジル)より6人(内女性3人)、スペイン語圏(アルゼンチン、ペルー、チリ、ベネズエラ)より6人(内女性3人)の計12人を招へいしました。

人物招聘2015.02.16

中国・韓国チーム

2014年11月30日から12月13日までの日程で、中国・韓国チームを招聘しました。

現地支援2015.02.16

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

国際労働財団(JILAF)は2014年1月21~1月27日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の第3回中央推進委員会ならびにナショナルワークショップ開催のため、タイ東北部コンケンを訪問しました。

現地支援2015.02.03

ベトナム/VGCL労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催のもと、「グローバル化における労働組合の役割」を主要テーマとして、労使関係・労働政策セミナーをベトナム社会主義共和国・ホーチミン市で開催した。同セミナーは1月14~15日に開催され、VGCL組合員、ベトナム商工会議所(VCCI)の合計70人が参加しました。

現地支援2015.02.02

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

国際労働財団(JILAF)は2015年1月13日、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)のバングラデシュにおけるナショナル・ワークショップを開催しました。

現地支援2015.01.26

ネパール労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、12月11日~12日の2日間、国際労働組合総連合(ITUC)加盟の3組織(ネパール労働組合会議/NTUC、ネパール労働組合総連合/GEFONT、全ネパール労働組合連盟/ANTUF)を対象とする「労使関係・労働政策セミナー」をネパール・カトマンズにて開催し、55人が参加しました。

現地支援2015.01.09

バングラデシュ労使関係・労働政策セミナー

2014年12月14~15日の2日間にわたり、バングラデシュ・ダッカにおいて、国際労働財団(JILAF)とITUC-BC(ITUCバングラデシュ協議会)との共催により、「労使関係・労働政策セミナー」を開催した。このセミナーに、現地の労働組合リーダー他75人が参加しました。

海外の労働事情2015.01.05

アジア太平洋チームの労働事情

2014年10月24日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

2014年

人物招聘2014.12.24

アフリカチーム

2014年11月9日から22日までの日程で、アフリカ(英語・仏語圏)チームを招へいした。参加国は、ケニア、南アフリカ、セネガル、アルジェリア、モロッコ、チュニジアの6カ国7組織から計11人が参加しました。

現地支援2014.12.24

ミャンマー労使関係・労働政策セミナー

2014年11月26日(水)・27日(木)両日にわたって、ミャンマー・ヤンゴン市内のラインタヤ工業団地において、国際労働財団(JILAF)とミャンマー労働組合連盟(FTUM)との共催による「労使関係・労働政策セミナー」を開催しました。

現地支援2014.12.22

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助金事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、11月4日(火)~10日(月)の日程でネパールの首都カトマンズを訪問し、中央推進委員会および拡大管理委員会を開催しました。

現地支援2014.12.19

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

国際労働財団(JILAF)は2014年11月24~30日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域である中央部バンコク、東北部コンケンならびに北部チェンマイを訪問しました。

現地支援2014.12.18

ラオス、LFTU/GUF/TUSSO多国間ドナー調整会議

第4回LFTU(ラオス労働組合連盟)/GUF/TUSSO多国間ドナー調整会議が11月21~22日、ラオス人民民主共和国ビエンチャンで開かれ、JILAFをはじめとする各国の労働組合新組織から22人、ラオスLFTU等から40人が参加しました。

人物招聘2014.12.05

アジア・太平洋チーム

10月19日から11月1日の日程で、アジア7ヵ国・地域9組織から12人を招聘しました。

人物招聘2014.12.01

再招へいチーム

2014年10月12日から6間の日程で、再招へいチーム(JILAFの招へいプログラムに参加の経験がある労働組合リーダー)が来日しました。

現地支援2014.12.01

インドネシア労使関係・労働政策セミナー

11月14日(金)15日(土)の2日間にわたり、インドネシア・ジャカルタで「労使関係・労働政策セミナー」を、JILAFとインドネシア労働組合総連合(CITU(KSPI))との共催により開催し、現地労働組合リーダー約100人が参加しました。

海外の労働事情2014.11.26

再招へいチームの労働事情

2014年10月15日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2014.11.10

アジアユースチーム

9月28日から10月7日の日程で、アジア5カ国6組織から9人を招聘しました。

現地支援2014.11.04

スリランカ労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は10月13日、14日の二日間、スリランカ・コロンボにおいて国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)との共催により、国際労働組合総連合(ITUC)加盟3組織(セイロン労働者会議/CWC、全国労働組合連盟/NTUF、スリランカ・ニダハス・セワカ・サンガマヤ/SLNSS)のリーダー層を対象とする、「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、各組織より計58人が参加しました。

現地支援2014.10.31

インド労使関係・労働政策セミナー

10月15日と16日の両日にわたり、インド・タミルナドゥ州チェンナイにおいて、インド全国労働組合会議(INTUC)、インド全国労働者連盟(HMS)、国際労働財団(JILAF)の共催により、「労使関係・労働政策セミナー」が開催され、各組織のリーダー層約30人が参加しました。

海外の労働事情2014.10.18

モンゴル・パキスタンチームの労働事情

2014年9月5日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2014.10.17

モンゴル・パキスタンチーム

8月31日から9月13日の日程で、モンゴル労働組合連盟(CMTU)6人とパキスタン労働者連盟(PWF)から6人の合計12人を招聘したました。

広報2014.10.14

グローバルフェスタJAPAN2014が開催される

外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)が共催し、内閣府をはじめ、厚生労働省など10の中央省庁などが後援するグローバルフェスタJAPAN2014が、「Smile Earth 地球の明日へ“笑顔”のタネまき!」をテーマとして、10月4~5日、東京・日比谷公園で開催されました。

現地支援2014.10.11

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

国際労働財団(JILAF)は、日本国政府(厚生労働省)からの補助金事業として実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、9月7日(日)~16日(火)、ネパールの首都カトマンズおよび事業実施郡であるバクタプール、パルサ、モランの3郡を訪問し、各種会議およびライフサポートセミナー、トレーニング・オブ・トレーナーズを開催しました。

広報2014.10.10

第2回労使紛争未然防止セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は9月18日、東京ベルサール九段で、タイ、バングラデシュの労働組合指導者と経営側トップリーダーを招き、「海外労組トップリーダー・経営者団体に聴く!~アジアで増大する労使紛争を未然に防止するために~」をテーマに、昨年に引き続いて第2回目の労使紛争未然防止セミナーを開催し、労働組合、企業、行政、研究者、学生など98人が参加しました。

現地支援2014.10.01

パキスタン労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、パキスタン労働者連盟(PWF)との共催で、「グローバル化とパキスタンにおける建設的な労使関係の構築をめざして」と題する労使関係・労働政策セミナーを、9月23~24日、イスラマバード近郊のラーワルピンディで開催しました。

現地支援2014.09.29

JILAF/ITUC-AP/OTCi共催 第7回ユースリーダーシップコース(多国間セミナー)

国際労働財団(JILAF)は、8月20日(水)~9月4日(木)の16日間、シンガポールにおいて、国際労働組合総連合アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)、オン・テン・チョン労働研究所(OTCi)との共催により、第7回ユースリーダーシップコースを開催しました。

現地支援2014.09.22

インド/INTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE・評価セミナー)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(以下POSITIVE:Participation-Oriented Safety Improvements by Trade union InitiatiVE)評価セミナー」を、タミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催しました。

現地支援2014.09.08

国際労働財団(JILAF)/ILO共催多国間セミナー(8月)

国際労働財団(JILAF)は8月4~7日、タイ・バンコクにおいて、国際労働機関(ILO)との共催により「多国籍企業におけるディーセントワークと健全な労使関係の実現」を主なテーマとする多国間セミナーを開催し、アジア・太平洋地域の若手労働組合指導者24人が参加しました。

現地支援2014.09.05

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月~8月)

日本国政府(厚生労働省)からの受託により実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、7月28日(月)~8月1日(金)の日程でタイ東北部コンケンを訪問し、第1回ライフサポートセミナーおよび第2回拡大作業委員会(EWC)セミナーを開催しました。

海外の労働事情2014.08.25

東欧チームの労働事情

2014年7月11日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2014.08.01

東欧チーム

7月6日から7月19日の日程で、チェコ・ルーマニア・ハンガリー・ブルガリアの4カ国5組織から計10名(うち女性6名)を招へいしました。

海外の労働事情2014.08.01

ミャンマーチームの労働事情

2014年6月26日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2014.07.25

ミャンマーチーム

6月22日から7月1日の日程で、ミャンマー労働組合連盟(FTUM)から10人を招聘しました。

海外の労働事情2014.07.20

バングラデシュ・ネパールチームの労働事情

2014年6月13日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.07.15

カンボジア労使関係・労働政策セミナー

 国際労働財団(JILAF)は、7月4日、5日の二日間、国際労働組合総連合カンボジア協議会(ITUC-CC)との共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をカンボジア・プノンペンにて開催した。セミナーにはITUC-CC加盟組織である3つのナショナルセンター(カンボジア労働組合連盟/CCTU、カンボジア労働組合連合/CCU、カンボジア労働総連合/CLC)より計75人が参加しました。

現地支援2014.07.14

ラオス・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援(SGRA)パイロット事業/調査の実施(6月)

国際労働財団(JILAF)は、この間のタイ、ネパール、バングラデシュでの「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業/SGRA」の経験をふまえ、6月16日(月)~20日(金)、首都ビエンチャンを訪問し、ラオスおける事業拡大を見据えた現地関係者との意見交換ならびに現地情勢のヒアリング等を行ないました。

人物招聘2014.07.10

バングラデシュ・ネパールチーム

6月8日から21日の日程で、バングラデシュ・ネパールより12人(うち女性6人)を招聘しました。

現地支援2014.07.10

タイ労使関係・労働政策セミナー(6月)

国際労働財団(JILAF)は、ITUCタイ協議会(TC;SERC、LCT、TTUC、NCPEにより構成)との共催のもと、タイ産業労働組合連合(CILT;TEAM、ALCT、ICEM、TWFTにより構成)からも一部参加を得つつ、「労使関係・労働政策セミナー」をバンコク近郊で開催しました。

現地支援2014.07.07

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

日本国政府(厚生労働省)からの受託により実施している「国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)」のため、5月30日(金)~6月8日(日)の日程で首都カトマンズおよび事業実施郡であるバクタプール郡、パルサ郡ならびに、今年度より事業拡大したモラン郡を訪問し、各種会議およびライフサポートセミナー、トレーニング・オブ・トレーナーズを開催しました。

海外の労働事情2014.07.01

タイ・インドネシアチームの労働事情

2014年5月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.06.19

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5-6月)

 今年度4月に確認したバングラデシュSGRA事業計画に則って、5月25日~6月1日にわたり、事業実施地域であるボグラ(ラジシャヒ管区)、クルナ(クルナ管区)、チッタゴン(チッタンゴン管区)にて、ライフ・サポート・セミナーとトレーニング・オブ・トレーナーズ・セミナーを開催しました。また、同地域において2013年度職業訓練修了生の現状を把握するためのモニタリングを行ないました。

広報2014.06.18

「アジア雇用労働レポート」のデータを公開いたしました

国際労働財団(JILAF)2014年が3月に発行した、「アジア雇用労働レポート」のデータを公開いたしました。

現地支援2014.06.16

モンゴル労使関係・労働政策セミナー(5月)

国際労働財団(JILAF)は、モンゴル労働組合連盟(CMTU)と共催のもと「労使関係・労働政策セミナー」をモンゴル国ウランバートルで開催した。同セミナーは、5月17日~18日に開催され、CMTU傘下8県所在産別・企業別組合役員・モンゴル社会福祉労働省・モンゴル生産性本部他より80名が参加しました。

人物招聘2014.06.16

タイ・インドネシアチーム

5月18~5月31日の日程で、タイとインドネシアの2カ国から計10人を招聘しました。

現地支援2014.06.13

フィリピン労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「フィリピンにおける建設的労使関係の構築と雇用安定、公正な配分をめざして」と題する労使関係・労働政策セミナーを5月13~14日、マニラ首都圏のパサイ市で開催し、労政関係者(日系企業からは4社の企業別労働組合の役員)約120人が参加しました。

現地支援2014.05.31

インドINTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(以下POSITIVE:Participation-Oriented Safety Improvements by Trade union InitiatiVE)1日職場セミナー」をタミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催しました。

現地支援2014.05.31

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は、2014年4月10~11日、バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、今年度第1回事業推進懇談会会合および事業実施3地域であるボグラ、クルナ、チッタンゴンから地域作業委員36名全員を首都ダッカに招集した地域作業部会合同セミナーを開催しました。

現地支援2014.05.27

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は2014年4月22日(火)~4月30日(木)、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域である首都バンコクおよび東北部コンケンを訪問しました。

現地支援2014.05.10

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4月)

国際労働財団(JILAF)は2014年4月4日(金)~4月11日(金)、ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域である首都カトマンズを訪問しました。

現地支援2014.05.08

NTUC・JILAF非正規学校運営会議および教師研修の開催

ネパール労働組合会議(NTUC)とJILAFがネパール全土で協働運営している9校の非正規学校運営会議を4月8日(火)にカトマンズで開催し、各校教師および運営関係者約50人が参加しました。

海外の労働事情2014.03.28

先進国チームの労働事情

2014年2月19日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2014.03.20

南米チームの労働事情

2014年1月24日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.03.19

インド INTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)

 国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)育成セミナー」を2月12日~15日、タミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催し、日系事業所を含む13職場より各2人、合計26人の労働組合リーダーが参加しました。

人物招聘2014.03.14

先進国チーム

2月16~2月22日の日程で、先進国チームを招聘しました。

人物招聘2014.03.03

南米チーム

1月19~2月1日の日程で、南米諸国より4ヵ国・計11人を招聘しました。

現地支援2014.02.26

フィリピン 労使関係・労働政策セミナー

フィリピン労働組合会議(TUCP)との共催で、「フィリピン経済特区における建設的な労使関係と中核的労働基準の遵守に向けた社会対話の促進」と題した労使関係セミナーを2月7~8日、首都マニラで開催しました。

現地支援2014.02.25

ミャンマー 労使関係・労働政策セミナー(1月)

建設的労使関係の構築や労使紛争の未然防止を目的とした労使関係・労働政策セミナーを、ミャンマー労働組合連盟(FTUM)、およびITUCヤンゴン事務所との共催で開催しました。

海外の労働事情2014.02.24

アフリカ英語圏チームの労働事情

2013年12月13日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.02.21

インドネシア 労使関係・労働政策セミナー

インドネシア労働組合総連合(KSPI)との共催で、「グローバル時代における労働組合の戦略」と題した労使関係セミナーを1月28~29日、首都ジャカルタで開催しました。

現地支援2014.02.18

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1~2月)

2014年2月2日、ネパール・カトマンズにおいて、インフォーマルセクター労働者の生活改善・底上げのための草の根支援事業(SGRA )のナショナルワークショップを開き、本事業のネパール政労使関係者など78人が参加しました。

現地支援2014.02.17

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

2014年1月23~1月29日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)の第3回拡大中央推進委員会ならびにナショナルワークショップ開催のため、バンコクを訪問しました。

現地支援2014.02.14

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(1月)

2014年1月23日、国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のバングラデシュにおけるナショナル・ワークショップを開催しました。

人物招聘2014.02.03

アフリカ英語圏チーム

2013年12月8~12月21日の日程で、アフリカ英語圏チームとして、ガーナ、ケニア、ナイジェリア、ウガンダ、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエの7ヵ国8組織から10人を招聘しました。

海外の労働事情2014.01.31

ユーラシアチームの労働事情

2013年11月15日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.01.27

ベトナム 労使関係・労働政策セミナー(12月)

ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催のもと、「外資系企業における建設的な労使関係の構築」を主要テーマに労使関係・労働政策セミナーをベトナム・ハノイで開催しました。

人物招聘2014.01.20

東欧チーム

2013年11月24~12月7日の日程で、東欧チームとしてチェコ、ポーランド、ルーマニア、ハンガリー、ブルガリアの5ヵ国6組織から計8人を招聘しました。

海外の労働事情2014.01.20

東欧チームの労働事情

2013年11月29日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2014.01.16

ネパール 労使関係・労働政策セミナー

12月12~13日、「労使関係・労働政策セミナー」をネパール・カトマンズにて開催し、64人が参加した。今回のセミナーは、NTUCの他、同じく国際労働組合総連合(ITUC)に加盟しているネパール労働組合総連合(GEFONT)および全ネパール労働組合連盟(ANTUF)から成るITUC-NACと共催する初セミナーとなりました。

現地支援2014.01.07

インド INTUC 労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「労働組合主導による労働環境改善事業(POSITIVE)基礎セミナー」を2013年11月23~26日、タミル・ナドゥ州チェンナイ市で開催しました。

人物招聘2014.01.07

ユーラシアチーム

11月10~11月23日の日程で、ユーラシアチームを招聘した。アゼルバイジャン、グルジア、カザフスタン、モルドバ、ウクライナ、ウズベキスタンの6ヵ国から9人が参加しました。

広報2014.01.07

韓国・労使発展財団(KLF)との定期交流

国際労働財団(JILAF)は、韓国・労使発展財団(KLF)との定期交流で11月17~21日、韓国・ソウルを訪問しました。

2013年

現地支援2013.12.26

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

国際労働財団(JILAF)は2013年11月18~11月30日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるバンコクならびにチェンマイを訪問しました。

海外の労働事情2013.12.26

再招聘チームの労働事情

2013年10月23日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2013.12.24

再招聘チーム

10月20~24日の日程で、インド、マレーシア、フィリピンの3ヵ国から計5人を招聘しました。

現地支援2013.11.30

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(10〜11月期)

2013年10月21~29日、および11月6日〜11日、バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるボグラ、クルナ(10月)、および首都ダッカ(11月)を訪問しました。

海外の労働事情2013.11.30

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2013年10月4日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2013.11.22

カンボジア二国間セミナー

カンボジア・プノンペンで11月14日、二国間セミナーを開催し、過去の招聘事業参加者を中心に、合計40人が参加しました。

現地支援2013.11.21

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(11月)

2013年11月6~10日、ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡を訪問しました。

海外の労働事情2013.11.19

タイ・インドネシアチームの労働事情

2013年6月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2013.11.18

ベトナムVGCL労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

ベトナム労働総同盟(VGCL)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を10月26~29日、ベトナム・クアンニン省で開き、労働組合指導者31人が参加しました。

現地支援2013.11.15

スリランカ労使関係・労働政策セミナー

スリランカのナショナルセンターであるセイロン労働者会議(CWC)および全国労働組合連盟(NTUF)とそれぞれ共催のもと、「労使関係・労働政策セミナー」をスリランカ・コロンボで開催し、中央・地方の労働組合リーダー各25人が参加しました。

広報2013.11.14

連合2014春季生活闘争中央討論集会開催

日本労働組合総連合会(連合)は11月5~6日、2014年度の賃金・労働条件改善に向けた方針を議論する2014春季生活闘争中央討論集会をしました。

人物招聘2013.11.05

中東・アフリカ北部チーム

9月29~10月12日の日程で、中東・アフリカ北部地域の8ヵ国から、合計10人を招聘しました。

広報2013.11.01

再招聘チーム労働事情を聴く会 経済社会の発展と労使関係の新たな課題 ~グローバル化の中での労使関係のあるべき姿を考える~

10月23日、インド、マレーシア、フィリピンの3ヵ国の労働組合指導者を招き、労働事情を聴く会「経済社会の発展と労使関係の新たな課題~グローバル化の中での労使関係のあるべき姿を考える~」を開きました。

現地支援2013.10.25

タイ労使関係・労働政策セミナー

ITUCタイ協議会(ITUC-TC)の4ナショナルセンター(SERC、LCT、TTUC、NCPE)との共催のもと、インダストリオール(TEAM、TWFT、ALCT)の参加も得つつ9月14~15日、タイ・バンコクで「労使関係・労働政策セミナー」を開催し、各組織の労働組合リーダー75人が参加しました。

海外の労働事情2013.10.15

中国・韓国チームの労働事情

2013年7月26日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2013.10.10

インドネシア 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

インドネシアの南スラウェシ州マカッサル市でインドネシア労働組合総連合(CITU/KSPI)との共催で9月10~13日、労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)を開催しました。

現地支援2013.10.10

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(9月)

2013年9月2日~11日、ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

広報2013.10.09

グローバルフェスタJAPAN2013が開催される

グローバルフェスタJAPAN2013が10月5~6日、東京・日比谷公園で開かれ、約250団体が出展し、約7万8千人が来場しました。

広報2013.10.08

連合・第13回定期大会

日本労働組合総連合会(連合)は10月3~4日、第13回 定期大会を東京国際フォーラムで開催し、各構成組織から組合員約1400人が参加しました。

人物招聘2013.10.05

ミャンマーチーム

9月1~9月7日の日程で、ミャンマー労働組合連盟(FTUM)から計10人を招聘しました。

現地支援2013.10.05

多国間セミナー

8月21~25日、タイ・バンコクで、国際労働機関(ILO)との共催により「不安定な雇用と対応」を主なテーマとする多国間セミナーを開催し、アジア・太平洋地域の若手労働組合指導者24人が参加しました。

広報2013.10.04

労使紛争未然防止セミナーを開催

国際労働財団(JILAF)は、9月26日、「海外労組トップリーダー・有識者聞く!~アジアで増大する労使紛争を未然に防止するために~」をテーマに、労使紛争未然防止セミナーを開催し、労働組合、企業、行政、研究者、学生など約150人が参加しました。

現地支援2013.09.26

モンゴル 労使関係・労働政策セミナー

モンゴル労働組合連盟(CMTU)と共催で、労使関係・労働政策セミナーを2013年8月22~23日、モンゴル・ウランバートル市で開き、各地域・産別組織代表者に加え、政府、経営者団体から約80人が参加しました。

現地支援2013.09.25

フィリピン 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

フィリピン労働組合会議(TUCP-ITUC)との共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を7月23~27日、フィリピン・マニラ市で開き、労働組合指導者など約20人が参加しました。

人物招聘2013.09.24

中国・韓国チーム

7月21~8月3日の日程で、中国・韓国から、合計10人を招聘しました。

現地支援2013.09.24

ヨルダン多国間セミナー

2013年8月18~27日の日程で、ヨルダンの首都アンマンで多国間セミナーを開催しました。

海外の労働事情2013.09.13

アジア太平洋チームの労働事情

2013年6月7日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2013.09.09

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

2013年7月24~8月4日、タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(通称:SGRA)のため、事業展開地域であるバンコク、チャンマイならびに今後の事業拡大を見据え、コンケンを訪問しました。

現地支援2013.08.22

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化のよる草の根支援事業(SGRA)の実施(6月期)

今年度のバングラデシュにおけるSGRA事業の計画に則り、第3回作業部会(WG)の開催ならびにクルナにおけるライフサポートセミナーの視察を目的として6月25~7月2日、ダッカとクルナを訪問した。

現地支援2013.08.06

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(7月)

2013年7月16~26日、ネパール・SGRA事業のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

人物招聘2013.08.06

タイ・インドネシアチーム

6月23~7月6日の日程で、タイ・インドネシアチームとして、タイからはITUCタイ協議会(ITUC-TC)に加盟している4組織から4人、インドネシアからは3つのナショナルセンターから5人の合計9人を招聘しました。

現地支援2013.07.28

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(6月)

2013年5月30~6月11日、ネパール・SGRA事業のため、首都カトマンズおよび事業展開地域であるバクタプール郡とパルサ郡を訪問しました。

海外の労働事情2013.07.26

ベトナム・カンボジアチームの労働事情

2013年5月24日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2013.07.25

アジア・太平洋チーム

6月2~ 6月15日の日程で、アジア・太平洋の6ヵ国から、合計12人を招聘しました。

広報2013.07.11

国際労働協力センター(KOILAF)労働組合活動家プログラム

韓国労使発展財団・国際労働協力センター(KOILAF)が主催する「労働組合活動家プログラム」が5月19~24日、韓国・ソウルで開催され、日本から4人の労働組合役員が参加しました。

現地支援2013.07.08

カンボジア 労使関係・労働政策セミナー

ITUCカンボジア協議会(ITUC-CC)との共催で「労使関係・労働政策セミナー」を6月21~22日、カンボジア・プノンペンで開き、労働組合指導者など60人が参加しました。

現地支援2013.07.05

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(5月)

今年度のタイにおけるSGRA事業の最初の活動となる第1回EWCセミナー開催のため、5月15~23日、バンコクを訪問しました。

人物招聘2013.07.01

ベトナム・カンボジアチーム

5月19~6月1日の日程で、ベトナム・カンボジアチームとして、ベトナム労働総同盟(VGCL)5人、ITUCカンボジア協議会(ITUC-CC)5人の2ヵ国2組織から合計10人を招聘しました。

現地支援2013.06.27

バングラデシュ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施(4~5月期)

今年度のバングラデシュSGRA事業開始にあたり、4月4~11日にダッカを訪問し、作業部会を開催しました。

現地支援2013.06.17

タイ・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

今年度のタイにおけるSGRA事業開始にあたり、4月14~25日、バンコクおよび北部チェンマイを訪問し、現地関係者との協議・調整を行ないました。

現地支援2013.06.11

ネパール・国際労使ネットワーク等を通じた組織化による草の根支援事業(SGRA)の実施

ネパールの今年度のSGRA事業開始にあたり、4月3~11日にカトマンズを訪問し、主に現地関係者との協議・調整を行ないました。

現地支援2013.06.10

ネパール非正規学校運営会議および教師研修の開催

独立ネパール労働組合会議(NTUC-I)とネパール全土で協働運営している9校の非正規学校の運営会議を2013年4月6日、カトマンズで開催し、各校教師および運営関係者約40人が参加しました。

海外の労働事情2013.03.28

先進国チームの労働事情

2013年2月20日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2013.03.26

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2013年1月25日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2013.03.26

先進国チーム

2月17~2月23日の日程で、先進国チームとして、アメリカ労働総同盟・産別会議(AFL-CIO)、イギリス労働組合会議(TUC)、ドイツ労働総同盟(DGB)の3組織から計5人を招聘しました。

海外の労働事情2013.03.22

ユーラシアチームの労働事情

2012年12月14日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2013.03.21

インドネシア CITU労使関係・労働政策セミナー

インドネシア労働組合総連合(CITU)と共催で「グローバル化と労働組合の戦略セミナー」を2月27~28日、インドネシア・ジャカルタで開き、労働組合指導者119人が参加しました。

現地支援2013.03.14

SGRA国際シンポジウム開催

2月23~24日、タイ、ネパール、バングラデシュの3ヵ国で実施しているインフォーマル労働者に対する草の根支援事業(SGRA =Supporting Grass Roots Activities through the international Employer’s and Worker’s Network)の成果と課題を共有し、次年度の事業発展をめざすことを目的とした国際シンポジウムをタイ・バンコクで開催しました。

現地支援2013.03.13

モンゴル 労使関係・労働政策セミナー

モンゴル労働組合連盟(CMTU)と共催で、労使関係・労働政策セミナー(労働法)を2月5~7日、モンゴル・ウランバートル市で開き、各地域・産別組織代表者に加え、労働組合を支援する弁護士など50人が参加しました。

人物招聘2013.03.05

中東・アフリカ北部チーム

1月20~2月2日の日程で、中東・アフリカ北部諸国の8ヵ国から計10人を招聘しました。

海外の労働事情2013.02.21

東欧チームの労働事情

2012年11月2日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2013.02.13

中国語と韓国語のホームページを開設しました

人物招聘2013.02.12

アジア再招聘チーム

11月25~12月1日の日程で、アジア再招聘チームとして、インドネシア労働組合総連合(CITU)、ベトナム労働総同盟(VGCL)、フィリピン労働組合会議(TUCP)、マレーシア労働組合会議(MTUC)、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)、タイ電子・電気機器・自動車・金属労働組合連合会(TEAM)の計6人を招聘しました。

人物招聘2013.01.31

ユーラシア

12月10~21日の日程で、ユーラシアの8ヵ国8組織から計10人を招聘しました。

人物招聘2013.01.10

東欧チーム

10月28~11月10日の日程で、東欧諸国の6ヵ国7組織から計12人を招聘しました。

現地支援2013.01.08

タイ 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働組合総連合・タイ協議会(ITUC-TC)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を10月21~23日、タイ・サムットプラーカーン県で開き、ナショナルセンターや企業別労働組合の役員24人が参加しました。

2012年

現地支援2012.12.28

フィリピン 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)と共催で労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)セミナーを12月9~12月13日、フィリピン・タガイタイで開き、労働組合リーダー32人が参加しました。

現地支援2012.12.19

インドネシア CITU労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、インドネシア労働組合総連合(CITU)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を11月27~30日、インドネシア・ジャワ島スラバヤ市で開き、労働組合指導者34人が参加しました。

広報2012.12.18

韓国労使発展財団との意見交換会を開催

国際労働財団(JILAF)は12月6日、韓国労使発展財団の代表団を迎え、「躍進する企業と労働者への分配に係る現状と課題」をテーマに意見交換会を連合会館で開き、連合構成組織、関連団体、研究者など約40人が参加しました。

広報2012.12.18

国際シンポジウム・ASEAN諸国における最低賃金動向

国際労働財団(JILAF)は11月28日、国際シンポジウム「ASEAN諸国における最低賃金の動向―国民生活の向上のために労働組合は何をなすべきか―」を日本教育会館で開き、連合構成組織、行政関係者、研究者、経営者団体など約80人が参加しました。

海外の労働事情2012.12.07

中南米チームの労働事情

2012年10月19日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2012.11.30

中南米チーム

10月14~27日の日程で中南米地域の4ヵ国・8組織から9人を招聘しました。

海外の労働事情2012.11.30

アフリカ仏語圏チームの労働事情

2012年9月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2012.11.20

アフリカ仏語圏チーム

9月23~10月6日の日程で、アフリカ仏語圏の10ヵ国から、合計11人を招聘しました。

海外の労働事情2012.10.31

タイ・ベトナムチームの労働事情

2012年9月7日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2012.10.26

タイ・ベトナムチーム

9月2~15日の日程で、タイ労働会議(LCT)2人、タイ労働組合会議(TTUC)2人、ベトナム労働総同盟(VGCL)6人の2ヵ国3組織から計10人を招聘しました。

現地支援2012.10.05

モンゴル 労使関係・労働政策セミナー

国際労働財団(JILAF)は、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催で、「労使関係・労働政策セミナー」を9月10~12日、モンゴル・ダルハン市で開き、鉄鋼、鉄道、電力などの企業別労働組合の労働組合リーダー28人が参加しました。

現地支援2012.10.05

多国間セミナー

国際労働財団(JILAF)は、8月21~25日、タイ・バンコクで、国際労働機関(ILO)との共催により「不安定な雇用」をテーマとする多国間セミナーを開催し、アジア・太平洋地域の若手労働組合指導者23人が参加しました。

海外の労働事情2012.09.19

南アジアチームの労働事情

2012年6月8日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2012.09.05

香港(HKCTU・HKTUC)普及セミナー

国際労働財団(JILAF)は、普及セミナーを2012年8月8~9日、香港で開催し、香港労働組合連盟(HKCTU)および香港・九龍労働組合評議会(HKTUC)から、過去の招聘プログラム参加者や労働組合指導者が計41人参加しました。

海外の労働事情2012.09.03

東南アジアチームの労働事情

2012年6月29日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2012.09.01

中華全国総工会との共催セミナー

国際労働財団(JILAF)は、7月31日と8月1日の両日、遼寧省大連市において、中華全国総工会(ACFTU)と共催でセミナーを開催しました。

現地支援2012.08.28

ベトナム VGCL 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を8月4~7日、ベトナム・ダナン市で開き、ダナン市および周辺の県、産業、企業の各レベルの労働組合リーダー24人が参加しました。

人物招聘2012.08.27

全アジアチーム

7月8~14日の日程で、アジア圏9ヵ国12組織から計14人を招聘しました。

人物招聘2012.08.20

東南アジアチーム

6月24~7月7日の日程で、東南アジアの6ヵ国1地域の9組織から、合計11人を招聘しました。

現地支援2012.08.18

セネガル(CUTS・UNSASおよび周辺5ヵ国)普及セミナー

国際労働財団(JILAF)は、普及セミナーを7月18日、セネガル・ダカールで開き、過去の招聘プログラム参加者や労働組合指導者など68人が参加しました。

現地支援2012.08.17

スリランカ労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)とスリランカのナショナルセンターであるセイロン労働者会議(CWC)との共催で、労使関係セミナーを7月26~28日、スリランカ・コロンボで開き、地域レベルで活躍する労働組合リーダー28人が参加しました。

現地支援2012.08.05

NTUC-I/JILAF非正規学校教師研修および運営会議の開催

国際労働財団(JILAF)は、独立ネパール労働組合会議(NTUC-I)と協働で運営している9校の非正規学校の運営会議を7月2~3日、ネパール・カトマンズで開き、教師および学校運営関係者約40人が参加した。また、学校運営会議に先立ち、教師研修を6月29~7月1日、カトマンズで実施しました。

現地支援2012.08.02

バングラデシュ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、国際労働組合連合バングラデシュ協議会(ITUC-BC)と共催で、組織化を主なテーマとした労使関係セミナーを7月13~15日、バングラデシュ・ボグラで開き、労働組合指導者55人が参加しました。

現地支援2012.08.02

カンボジア・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、カンボジア労働組合協議会(CTUCC)と共催で7月16~18日、カンボジア・プノンペンで労使関係セミナーを開き、労働組合指導者30人が参加しました。

現地支援2012.08.02

フィリピン・グリーンジョブ&ディーセントワークセミナー

国際労働財団(JILAF)は、フィリピン労働組合会議(TUCP)と共催で、労働組合の環境問題対策を主なテーマとした労使関係セミナーを7月19~20日、フィリピン・ボホール島タグビラランで開き、労働組合指導者34人が参加しました。

海外の労働事情2012.08.01

中国・韓国チームの労働事情

2012年5月25日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2012.07.20

インドネシア・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、インドネシア労働組合総連合(CITU/KSPI)との共催で、賃金、派遣労働、労使紛争解決を主なテーマとした労使関係セミナーを7月2~6日、インドネシア・ジャワ島スマランで開き、労働組合指導者29人が参加しました。

現地支援2012.07.17

ベトナム・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催で6月18~20日、ベトナム・バクザン省で組織化をテーマとした労使関係セミナーを開き、バクザン、バクニン、ハイズォン各省の企業、工業団地、精密機器製造業の日系企業や省の労働組合役員など22人が参加しました。

人物招聘2012.07.17

中国・韓国チーム

5月20~6月2日の日程で、中華全国総工会(ACFTU)5人、韓国労働組合総連盟(FKTU)4人、韓国国際労働協力院(KOILAF)1人の計10人を招聘しました。

現地支援2012.07.13

インドネシア労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、インドネシア労働組合総連合(CITU)と共催で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を6月27~30日、インドネシア・ジャワ島メラクで開き、労働組合指導者28人が参加しました。

現地支援2012.07.06

インド・マーカプール校モニタリング

国際労働財団(JILAF)とインド全国労働組合会議(INTUC)は、マーカプール校の学校モニタリングを6月5日、インド・アーンドラ・プラデーシュ州で行ないました。

現地支援2012.06.05

タイ・マヒドン大学 サラ アーポン教授来日記念講演会「タイ経済を支えるインフォーマル労働」-ディーセントワークに向けての課題-

国際労働財団(JILAF)は6月1日、タイ・マヒドン大学 サラ・アーポン教授を招き、「タイ経済を支えるインフォーマル労働」-ディーセントワークに向けての課題-と題する講演会を開き、労働組合関係者や行政、大学関係者など43人が参加しました。

人物招聘2012.05.28

南アジアチーム

6月3~16日の日程で、南アジア圏3ヵ国5組織から計9人を招聘しました。

広報2012.05.24

韓国国際労働協力センター(KOILAF)若手労組活動家招聘プログラム

韓国国際労働協力センター(KOILAF)が主催する「若手労組活動家招聘プログラム」が4月1~6日、韓国・ソウルで開かれ、日本から4人の若手労働組合指導者が参加しました。

現地支援2012.05.23

バングラデシュ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、国際労働組合総連合バングラデシュ協議会(ITUC-BC)と共催で、組織化をテーマとした労使関係セミナーを5月18~20日、バングラデシュ・チッタゴンで開き、若手労働組合リーダー35人が参加しました。

海外の労働事情2012.03.31

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2012年2月10に行なった「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2012.03.31

ユーラシア・東欧チームの労働事情

2012年1月27日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2012.03.31

中南米チームの労働事情

2011年12月9日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2012.03.31

アフリカ英語圏チームの労働事情

2011年10月21日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2012.03.31

アフリカ仏語圏チームの労働事情

2011年11月11日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2012.03.30

中東・アフリカ北部チーム

2月5~18日の日程で、中東・アフリカ北部諸国5ヵ国、1地域より計9人を招聘しました。

人物招聘2012.03.30

ユーラシア・東欧チーム

1月22~2月4日の日程で、ユーラシア・東欧諸国から8ヵ国、計10人を招聘しました。

現地支援2012.03.29

ベトナム労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催で3月7~10日、ベトナム・ホーチミン市で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を開き、ホーチミン市および周辺の県、産業、企業の各レベルの労働組合リーダー28人が参加しました。

現地支援2012.03.29

タイ 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、国際労働組合総連合・タイ協議会(ITUC-TC)と共催で2月11~14日、タイ・サムットプラカーンで「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を開き、ナショナルセンター・企業別労働組合のリーダー24人が参加しました。

海外の労働事情2012.03.08

成長戦略としてのジェンダー平等:アジア諸国の現状と労働組合の役割

人物招聘2012.01.18

中南米チーム

12月4~15日の日程で、中南米地域の7ヵ国・9組織、計10人を招聘しました。

人物招聘2012.01.16

中国チーム(テーマ別招聘)

11月27~12月3日の日程で、中華全国総工会(ACFTU)より計5人を招聘しました。

現地支援2012.01.15

シンガポール・ITUC-AP支援組織・国際産業別労働組合組織(GUF)調整会議

ITUC-AP支援組織(TUSSO)・国際産業別労働組合組織(GUF)調整会議が12月13~14日、シンガポールで開かれ、JILAFをはじめとした支援組織やGUF15組織を代表して38人が参加しました。

2011年

人物招聘2011.12.27

アフリカ英語圏チーム

10月16~10月29日の日程で、アフリカ英語圏の9組織計10人を招聘しました。

現地支援2011.12.27

ラオス・職場の環境改善セミナー

国際労働財団(JILAF)とラオス労働組合連盟(LFTU)が共催する「職場の環境改善評価セミナー」を8月23~25日、ラオス・サワナケート県で開き、サワナート県および周辺6県より27人の労組リーダーが参加しました。

現地支援2011.12.27

インド・職場の環境改善評価セミナー(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催する「職場の環境改善評価セミナー」を11月3~5日、インド・タミルナドゥ州コインバトールで開き、29人の労組リーダーが参加しました。

現地支援2011.12.27

フィリピン・グリーンジョブ&ディーセントワーク・セミナー

国際労働財団(JILAF)とフィリピン労働組合会議(TUCP)が共催する「グリーンジョブ・ディーセントワークセミナー」を10月17~18日、フィリピン・ミンダナオ島で開き、組合員26人が参加しました。

人物招聘2011.12.27

パキスタン・ネパールチーム

9月4~9月17日の日程で、パキスタン・ネパールチームとして、2ヵ国3組織から計10名を招聘しました。

人物招聘2011.12.27

再招聘チーム

9月25~10月1日の日程で、再招聘チームとして、5ヵ国5組織から計5人を招聘しました。

現地支援2011.12.12

インドネシア 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、インドネシア労働組合総連合(CITU)との共催で11月15~18日、インドネシア・プンチャックで「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を開き、企業別労働組合のリーダー22人が参加しました。

海外の労働事情2011.12.12

パキスタン・ネパールチームの労働事情

2011年9月9日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2011.12.10

アフリカ仏語圏チーム

11月6~11月19日の日程で、アフリカ仏語圏9ヵ国より計11人(内女性2人)を招聘しました。

海外の労働事情2011.12.08

南アジアチームの労働事情

2011年7月1日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

広報2011.11.29

労使発展財団・国際労働協力センターとの定期交流

国際労働財団(JILAF)と労使発展財団・国際労働協力センター(KOILAF)の定期交流を11月21~25日、韓国・ソウルで開き、JILAFから髙木理事長をはじめとする代表団が参加しました。

海外の労働事情2011.11.11

東南アジアチームの労働事情

2011年6月17日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2011.11.11

中国・韓国チームの労働事情

2011年6月3日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2011.11.10

バングラデシュ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、9月23~25日、バングラデシュ・ダッカでITUCバングラデシュ協議会(ITUC-BC)と共催による「労使関係セミナー」を開き、36人が参加しました。

現地支援2011.11.07

ポーランド・労使関係・生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)は、ポーランド・独立自主管理労働組合「連帯」(NSZZ)との共催で10月6~7日、「労使関係・生産性セミナー」をポーランド・グダンスク市で開き、労働組合指導者17人が参加しました。

現地支援2011.11.07

モンゴル・労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)は、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催で9月24~27日、モンゴル・ダルハンオール県で「労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)」を開き、産業別労働組合および地方労組のリーダー27人が参加しました。

現地支援2011.11.07

ベトナム・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、ベトナム労働総同盟(VGCL)との共催で9月6~8日、ベトナム・ドンナイ省で「労使関係セミナー」を開き、主に日系企業労組や工業団地労組の組織化担当など29人が参加しました。

現地支援2011.10.24

フィリピン 労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)

国際労働財団(JILAF)とフィリピン労働組合会議(TUCP)が共催する労使関係・生産性セミナー(PROGRESS)セミナーを8月29~9月1日、フィリピン・タガイタイで開き、労組リーダー26人が参加しました。

現地支援2011.10.24

ラオス・労働協約セミナー

国際労働財団(JILAF)とラオス労働組合連盟(LFTU)の共催で、「労働協約セミナー」を9月5~9月7日、ビエンチャン県で開き、北部6県と1特別市から21人(うち女性3人)の労組リーダーが参加しました。

現地支援2011.10.15

タイ・ILO多国間セミナー

国際労働財団(JILAF)と国際労働機関(ILO)との共催で多国間セミナーを8月8~12日、タイ・バンコクで開き、アジア・太平洋地域の若手労働組合指導者17人が参加しました。

広報2011.10.14

国際シンポジウム・成長戦略としてのジェンダー平等

国際労働財団(JILAF)は9月28日、アジア5ヵ国の労働組合指導者を招き、国際シンポジウム「成長戦略としてのジェンダー平等」を開き、労働組合関係者や行政、経営者団体から105人が参加しました。

広報2011.10.14

グローバルフェスタJAPAN2011

グローバルフェスタJAPAN2011が「絆~私たちはつながっている 世界は日本とともに。日本は世界とともに」をテーマとして、10月1~2日、東京・日比谷公園で開かれ、約11万人が来場しました。

広報2011.10.14

連合・第12回定期大会

日本労働組合総連合会(連合)は10月4~5日、「復興・再生に全力を尽くし、働くことを軸とする安心社会につなげよう」をスローガンとした、第12回 定期大会を東京で開き、各構成組織から組合員約2000人が参加しました。

現地支援2011.10.11

ベトナム・普及セミナー

招聘事業・普及セミナーをベトナム・ハノイ(9月20日)、ホーチミン(9月22日)で開き、過去の招聘プログラム参加者や労働組合指導者など、合計46人が参加しました。

現地支援2011.10.07

カンボジア・労使関係セミナー

 国際労働財団(JILAF)は、カンボジア労働組合協議会(CTUCC)との共催で8月23~25日、カンボジア・プノンペンで「労使関係セミナー」を開き、CTUCCに加盟する3組織(CCU、CCTU、CLC)の組合員31人が参加しました。

人物招聘2011.09.22

全アジアチーム

7月10日から7月16日の日程で、8ヵ国13組織から計14人が来日しました。

広報2011.09.21

情報労連・長崎平和フォーラム

情報労連は、長崎平和フォーラムを8月8~9日、長崎で開き、組合員や家族、退職者の会から約600人が参加しました。

広報2011.09.20

中華全国総工会 JILAF代表団訪問

国際労働財団(JILAF)と中華全国総工会(ACFTU)の会談が8月23~27日、中国で開かれ、JILAFからは高木理事長をはじめとする代表団が参加しました。

現地支援2011.09.06

チリ・普及セミナー

国際労働財団(JILAF)は、招聘事業・普及セミナーを8月3日、チリ・サンティアゴで開き、過去の招聘プログラム参加者や労働組合指導者など31人が参加しました。

現地支援2011.09.02

スリランカ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、スリランカのナショナルセンターであるセイロン労働者会議(CWC)との共催で、「労使関係セミナー」を7月7~9日、スリランカ・コロンボで開き、若手労組リーダー30人が参加しました。

人物招聘2011.09.02

南アジアチーム

6月26日から7月9日の日程で、南アジア地域の3ヵ国5組織から計10人が来日しました。

お知らせ2011.09.02

国際シンポジウム 成長戦略としてのジェンダー平等:アジア諸国の現状と労働組合の役割

アジア諸国(日本、韓国、香港、シンガポール、マレーシア、モンゴル)から労働組合指導者を招き、ジェンダー平等に関する各国の現状および労働組合の取り組みについて発表を行なうと共に、パネルディスカッションを通じて問題点と今後の方向性について論議します。

現地支援2011.08.25

タイ・HIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ3(1期生最終評価セミナーおよび2期生スキルアップセミナー)

「タイの職場におけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ3」、1期生最終評価セミナー(7月8~9日)と2期生のスキルアップセミナー(7月10~11日)をタイ・サムットプラカーン県で開き、50人が参加しました。

現地支援2011.08.08

モンゴル・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、モンゴル労働組合連盟(CMTU)との共催で、「労使関係セミナー」を7月5~7日、モンゴル・ウランバートルで開き、20人が参加しました。

現地支援2011.07.29

インド・職場の環境改善 上級指導者育成セミナー(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と共催で「POSITIVEコアトレーナー育成セミナー」を7月6~9日、タミルナドゥ州・コインバトールで開き、27人の労働組合指導者が参加しました。

現地支援2011.07.28

バングラデシュ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)は、ITUCバングラデシュ協議会(ITUC-BC)と共催で、「労使関係セミナー」を6月10~12日、バングラデシュ・チッタゴンで開き、36人が参加しました。

人物招聘2011.07.28

東南アジアチーム

6月12~6月25日の日程で、東南アジア地域の6ヵ国9組織から計9人を招聘しました。

人物招聘2011.07.26

中国・韓国チーム

5月29~6月11日の日程で、中国・韓国チームとして、2ヵ国3組織から計9人を招聘しました。

現地支援2011.05.31

インド・職場の環境改善セミナー(POSITIVE)

国際労働財団(JILAF)は、インド全国労働組合会議(INTUC)と「POSITIVE基礎セミナー」を5月8~11日、タミルナドゥ州・コインバトールで開き、29人の労働組合指導者が参加しました。

現地支援2011.05.26

第2回 国際労働組合総連合・アジア太平洋地域組織(ITUC-AP)地域大会

第2回ITUC-AP地域大会が5月9~13日、シンガポールで開かれ、23ヵ国・45加盟組織から240人(連合代表団は古賀会長をはじめとする16人)が参加しました。

現地支援2011.05.20

ネパール・非正規学校運営会議

国際労働財団(JILAF)と独立ネパール労働組合会議(NTUC-I)が協働で運営する9校の非正規学校の運営会議を4月19~20日、インド国境近くのネパール・チトワン郡バラトプールで開き、教師および学校運営関係者約40人が参加しました。

海外の労働事情2011.04.05

南米チームの労働事情

2011年2月18日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2011.03.29

南米チーム

2月13~2月26日の日程で、南米地域の3ヵ国4組織から計7人を招聘しました。

人物招聘2011.03.29

中東・アフリカ北部チーム

1月23~2月5日の日程で、中東・アフリカ北部地域の4ヵ国1地域5組織より計7人を招聘しました。

海外の労働事情2011.03.29

中東・アフリカ北部チームの労働事情

2011年1月28日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2011.03.28

ネパール労使関係セミナー

独立ネパール労働者会議(NTUC-I)とJILAFによる2010年度最後のプロジェクトとして、ネパールの労働法改正に関する労使関係セミナーを2011年2月23~25日、カトマンズで開き、NTUC-Iの中央執行委員や加盟産別の会長など現地労働組合幹部45人(うち女性7名)が参加しました。

現地支援2011.03.23

カンボジア・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)とカンボジア労働組合協議会(CTUCC)との共催で、労使関係や日本の雇用安定の取り組み、男女平等をテーマとした「労使関係セミナー」を2月9~10日、カンボジア・プノンペンで開き、30人が参加しました。

現地支援2011.03.23

ベトナム・労使関係・生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)とベトナム労働総同盟(VGCL)の共催で「労使関係・生産性セミナー」を3月1~4日、ベトナム・ハノイで開き、26人が参加しました。

現地支援2011.03.23

インドネシア・雇用安定およびキャパシティビルディングセミナー

国際労働財団(JILAF)とインドネシア労働組合総連合(CITU)が共催する「雇用安定/キャパシティビルディングセミナー」を2月21~24日、西ジャワ州・ボゴールで開き、CITU加盟9産別の40歳以下の若手組合リーダー30人が参加しました。

現地支援2011.03.23

インドネシア・職場の環境改善セミナー

国際労働財団(JILAF)とインドネシア労働組合総連合(CITU)が共催する「職場環境改善セミナー」を10月15~10月17日にリアウ諸島州・バタム島にて、10月19~10月21日、南スラウェシ州・マカッサルで開き、CITU加盟組織から計48人(バタム25人、マカッサル23人)が参加しました。

現地支援2011.03.22

タイ・HIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ3(2期生労使協力中間セミナー)

国際労働財団(JILAF)は、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」の支援を受ける「タイの職場におけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ3」について、2期生の労使協力中間セミナーを3月5~7日にタイ・サムットプラカーンで開き、24人が参加しました。

現地支援2011.03.22

タイ・雇用安定セミナー

国際労働財団(JILAF)は「労使協力による雇用安定セミナー」を1月21日~23日、タイ・バンコクで開き、ITUCタイ協議会(ITUC-TC)や国際産業別組織(GUF)から8組織・38人が参加しました。

海外の労働事情2011.03.18

ユーラシアチームの労働事情

2010年12月3日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2011.02.10

フィリピン/TUCP労使関係・生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)とフィリピン労働組合会議(TUCP)が共催する「労使関係・生産性」セミナーを1月18~21日、マニラにて開き、29人(うち女性13人)の労組リーダーが参加しました。

現地支援2011.02.08

インドネシア/CITU労使関係・生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)とインドネシア労働組合総連合(CITU)が共催する「労使関係・生産性」セミナーを12月1日~4日、西ジャワ州のボゴールにて開き、23名が参加しました。

現地支援2011.02.07

タイの職場のおけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクトフェーズ3

国際労働財団(JILAF)は外務省「日本NGO支援無償資金協力」からの資金提供を受け、「タイの職場のおけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクトフェーズ3」をスタートし、その最初のセミナーを12月20~22日に、タイ・サムットプラカーンで開き、合わせて46人が参加しました。

現地支援2011.01.28

モンゴル・労使関係セミナーおよび生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)とモンゴル労働組合連盟(CMTU)共催で、労使紛争の解決をテーマに「労使関係・生産性セミナー」を11月2~4日モンゴル・ウランバートルで開き、30人が参加しました。

人物招聘2011.01.27

ベトナムVGCL労働法調査チーム

12月13~12月19日の日程で、ベトナムVGCL労働法調査チーム7人が来日しました。

現地支援2011.01.25

バングラデシュ・労使関係セミナーおよび女性セミナー

国際労働財団(JILAF)は、日系企業の新たな進出先として注目されている、バングラデシュにおいて労使関係セミナーを工業都市クルナ(12月6~8日)で、女性セミナーと労使関係セミナーを首都ダッカ(12月10~12日)で開き、68人が参加しました。

現地支援2011.01.15

ラオス・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)とラオス労働組合連盟(LFTU)の共催で、「団体交渉・労働協約」をテーマとする労使関係セミナーを12月23~24日、ラオス中部のボリカムサイ県パクサンで開き、ボリカムサイ県および周辺の4県と各県の労働組合幹部とLFTU本部スタッフなど20人(うち女性6名)が参加しました。

現地支援2011.01.13

東ティモール・職場の環境改善セミナーおよび労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)と東ティモール労働組合連合(TLTUC)との共催で「職場の環境改善セミナー」「労使関係セミナー」を12月14~16日、東ティモール・ディリで開き、30人が参加しました。

海外の労働事情2011.01.13

アフリカ英語圏チームの労働事情

2010年10月8日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

2010年

人物招聘2010.12.30

ユーラシアチーム

11月28~12月11日の日程で、7ヵ国・7組織から8人を招聘しました。

現地支援2010.12.28

ITUC-AP支援組織・GUF調整会議

ITUC-AP支援組織・GUF整会議が12月7~8日、シンガポールで開かれ、12の支援団体(JILAF、FES、ACILS、APHEDA、SAKSなど)や8つのGUFから47人が参加しました。

人物招聘2010.12.24

東欧チーム

10月17日から10月30日の日程で、4カ国4組織から計8名が来日。

海外の労働事情2010.12.22

韓国の労働事情(国際労働協力院・パクインサン運営委員長)

2010年11月17日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2010.12.22

東欧チームの労働事情

2010年10月22日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2010.12.22

東南アジアチームの労働事情

2010年6月4日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2010.12.16

カンボジア・モンゴルチームの労働事情

2010年10月1日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

人物招聘2010.12.14

アフリカ英語圏チーム

11月3日から11月16日の日程で、8カ国8組織から計8名が来日。

現地支援2010.12.14

「連合・愛のカンパ」 第3次海外NGO事業フォローアップ視察の実施

「連合・愛のカンパ」による支援を受け、海外で活動するNGO・NPO事業を視察するフォローアップ視察を11月14~21日、カンボジア・ラオスで行い、連合および構成組織より合計9人が参加しました。

人物招聘2010.12.07

国際労働協力院(KOILAF)との定期交流

国際労働財団(JILAF)と国際労働協力院(KOILAF)との定期交流を11月15~19日、東京で開き、KOILAF代表団からはパク・インサン運営委員長をはじめ、キム・スンジン国際協力総合局長、ホ・ジュンウン総務局長、また、毎日労働ニュースのパク・スンクク代表が出席した。

海外の労働事情2010.11.29

BRICsの労働事情

2010年9月15日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

海外の労働事情2010.11.29

中米チームの労働事情

2010年9月3日に行った「労働事情を聴く会」の講演録を掲載しました。

現地支援2010.11.22

スリランカ労使関係セミナー

2010年度現地支援プロジェクトの新規国であるスリランカのセイロン労働者会議(CWC)との共催による労使関係セミナーを9月17日~19日にコロンボで開催した。

現地支援2010.11.22

ネパール職場環境改善セミナー

国際労働財団(JILAF)とネパール独立労働組合会議(NTUC-I)が共催する「職場環境改善セミナー」を8月31日~9月2日にカトマンズで開催し、46人が参加した。

現地支援2010.11.15

チェコ・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)はチェコ・モラヴィア労働組合(CMKOS)と共催で「労使関係・生産性セミナー」を10月13~15日、チェコ・プラハの労働組合会館で開き、22人が参加した。

人物招聘2010.11.05

カンボジア・モンゴルチーム

9月26日から10月9日の日程で、2カ国2組織から計8名が来日。

現地支援2010.11.03

タイ職場におけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ2 スキルアップセミナー

国際労働財団(JILAF)は、外務省「日本NGO連携無償資金協力事業」の支援を受ける「タイの職場におけるHIV/AIDSトレーナー育成プロジェクト フェーズ2」の締めくくりとして、トレーナー育成スキルアップセミナーを9月30~10月2日(第2期生対象)、労使協力スキルアップセミナーを10月3~5日(第1期生対象)、タイ・バンコクで開き、54人が参加した。

人物招聘2010.10.27

中米チーム

8月29日から9月11日の日程で中米地域の6カ国7組織より計9名(うち女性3名)を招聘した

現地支援2010.10.14

中国・労使関係セミナー

国際労働財団(JILAF)と中華全国総工会(ACFTU)は、2006年以来の事業となる「世界金融危機に対しての労働組合の取り組み」と題した労使関係セミナーを北京で開き、30人が参加した。

現地支援2010.10.14

モンゴル・労使関係・生産性セミナー

国際労働財団(JILAF)とモンゴル労働組合連盟(CMTU)の共催で「労使関係・生産性セミナー」を9月7~10日、モンゴル・ウランバートルで開き、32人が参加した。

現地支援2010.09.17

インド・新マーカプール校モニタリング

国際労働財団(JILAF)とインド全国労働組合会議(INTUC)は新マーカプール校の学校モニタリングを7月25日、インドで行った。JILAFは児童労働撲滅のために、2009年から5ヵ年計画でナショナルセンターであるINTUCと協働で学校運営を行っている。2年目を迎えるマーカプール校が現地労組によって適切に運営されているかを確認し、授業の様子などを見学した。