JILAF Database/ナショナルセンター

モロッコ労働組合

組織名 モロッコ労働組合
Union Marocaine du Travail (Moroccan Workers’ Union)(UMT)  
住所 232 Boulevard Des F.A.R.
Casablanca 20110
Morocco
電話番号 (212) 522-300118
FAX番号 (212) 522-307854
メールアドレス1) umt.secretariatgeneral@gmail.com
2) usib@usib-umt.ma
ホームページ http://www.umt.ma
役員名会 長:なし
事務局長: Mr. El Miloudi El Mokharek (専門職訓練組合出身)<2015年3月選出>
組合員数約350,000人(女性:35%)<2015年3月現在>    
執行委員数15人(女性:2人) <2015年3月現在> 
加盟組織20 連合会、54組合  <2015年3月現在> 
地方組織数20地域組織
45地方支部
主要加盟産別業種①専門職訓練、②銀行、③電気・水道(生産・供給)、④鉄道管理、⑤港湾
加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・国際労働組合総連合アフリカ地域組織(ITUC-Africa)
・アフリカ労働組合統一機構(OATUU)
・マグレブ諸国労働組合連盟(USTMA)
大会情報4年に1回開催

前回:2015年3月 
次回:2019年3月
主要課題・活動方針1)コールセンターの組織化
2)女性労働者の組織化と暴力反対闘争
3)結社の自由とストライキ権
4)退職制度の不当改革反対闘争
5)自由貿易区の組織化

略史1955年3月20日:UMT結成。フランスによるモロッコ支配を廃し、モロッコの独立闘争を繰り広げる中で創設された。
1956年:モロッコ独立への参加
1959年:UMTの青年組織結成
1996年:議会による労働法改正計画に反対するゼネスト
2003年:労働法に関する社会的対話の開始
2004年:労働法の法制化
2007年:公務部門の全国ストライキ・強制医療保険制度の開始
2008年:賃金引上げと社会的保護
2009年:社会的対話(賃金引上げ;家族手当;強制医療保険制度の適用範囲の拡大)
2012年1月:全国会議をカサブランカで開催(パレスチナ、チュニジア代表来賓)

UMTは、様々な部門、産業において労働協約の締結者である。また、政府、政党から労働運動家や組合員に対してなされる干渉や侵害を排し、組合活動の自由と独立を勝ち取るため闘っている。UMTは、統一体であり、かつその内部における多様性を保証する。
また、社会保障審議会を始めとする三者構成審議委員会のメンバーである。
主な進出日系企業
デンソーアマノマキタなど
日系企業現地法人数6社
日本からの進出企業数6社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

2015年(1名)2014年(1名) 2013年(1名)2012年(1名)2011年(1名)2010年(1名)

(2)最近の現地支援プロジェクト

2010年普及セミナー

備考 人口:3,227万人 首都:ラバト
言語:アラビア語(公用語)、ベルベル語(公用語)、フランス語

他のITUC 加盟組合:モロッコ民主労働総連合(CDT)
モロッコ労働者連合(UGTM)

参考

モロッコ王国のILO条約批准
[1]批准条約総数62条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2016年10月28日