JILAF Database/ナショナルセンター

アルジェリア一般労働組合

組織名 アルジェリア一般労働組合
Union Generale des Travailleurs Algeriens(UGTA)  
住所 Maison du Peuple
Place du 1er mai
1600 Algers
Algeria
電話番号 +213-21 30 03 02
FAX番号  
メールアドレスsgeneral@ugta.dz
Ugta43@hotmail.com
ホームページ http://www.ugta.dz
役員名事務局長: Mr. Abdelmadjid Sidi Said <2015年1月選出>
組合員数約299万人 (女性:約25万人)     <2017年3月現在>
執行委員数176人(女性:5人)   <2015年1月現在>
加盟組織32 連合会 <2015年12月現在>
地方組織数48地方組織
主要加盟産別業種①工業(金属、機械、電力、電機)、②石油・石油化学、③エネルギー・ガス、④建築、公務・水道、林業・コルク産業、⑤食品
加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・国際労働組合総連合アフリカ地域組織(ITUC-Africa)
・アフリカ労働組合統一機構(OATUU)
・国際アラブ労働組合連盟(ICATU)
・マグレブ諸国労働組合連盟(USTMA)
大会情報5年に1回開催

前回:2015年1月
次回:2020年
主要課題・活動方針1)当組織の縦横構造の改革継続
2)労働問題委員会の作業継続
3)民間、公務部門間の連携
4)女性労働に関する全国委員会会議の開催
5)女性委員会活性化の一環として、地域会議の開催
6)労働協約、部門別協約の改定により、購買力の維持に努める

略史1956年2月24日 UGTA設立。
1962年 アルジェリア独立
1962年~1990年 社会主義体制に移行。
1988年 UGTAの自立と独立。
1989年 政治の自由化と政党複数化が確立。
1990年 テロとの戦いに参加。市場経済への移行に伴い、初の政府対労組協議開催。
1991年11月 三者構成の成立。
1992年 選挙によりイスラム過激主義政党が勝利。内戦となる。UGTAは反社会主義的イスラム過激派と対立し軍部と協力。
1997年 アブドレハッタ・ベンハムーダ前事務局長が暗殺され る。
2003年 団体交渉と社会的対話を通じて総同盟の役割強化に努める。
2008年3月 第11回大会を開催
現在 民主化の徹底とイスラム原理主義との闘い
主な進出日系企業
日揮など
日系企業現地法人数1社
日本からの進出企業数1社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績
(2)最近の現地支援プロジェクト
備考 人口:3,780万人  首都: アルジェ  言語:アラビア語(国語、公用語)、ベルベル語(国語)、フランス語(広く使用されている)

参考

アルジェリア民主人民共和国のILO条約批准
[1]批准条約総数59条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2018年05月27日