JILAF Database/ナショナルセンター

ポーランド独立自主管理労働組合 「連帯」

組織名 ポーランド独立自主管理労働組合 「連帯」
Independent & Self-Governing Trade Union 「Solidarnosc」(NSZZ Solidarnosc)  
住所 ul. Waly Piastowskie 24
PL-80 855 Gdansk
POLAND
電話番号 48-58-3084232 (International Department)

FAX番号 48-58-3084482 (International Department)
メールアドレス1) zagr@solidarnosc.org.pl
2) anka@solidarnosc.org.pl
ホームページ http://www.solidarnosc.org.pl
役員名会 長: Mr. Piotr Duda <2010年10月20日選出>

組合員数約66.7万人(女性:約37%)退職者、企業所属職業訓練学校生等も含む
執行委員数7人(女性:1人)
加盟組織16全国産別組織
地方組織数34地方組織
主要加盟産別業種①石炭・エネルギー、②金属、③保健・看護、④科学・教育、⑤運輸
加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・欧州労連(ETUC)
・ITUC汎欧州地域評議会(PERC)
・経済開発協力機構・労働組合諮問委員会(OECD-TUAC)
大会情報4年に1回開催

前回:2010年10月
次回:2014年
主要課題・活動方針1)組織化、雇用維持、労働条件、賃金、社会的擁護
2)労働法の擁護、雇用問題
3)労働者・労働組合権の擁護、経済危機に対する取り組み
4)最低賃金問題
5)退職年齢問題
略史・1980年まではポーランドには他の中東欧諸国と同様官制労組Central Council of Trade Unions(CRZZ)が存在していたが、1981年に解散した。

・1980年グダンスクの造船所の労働者の民主化闘争は一気にポーランド全土に広まり、NSZZが設立された。これが「連帯」の運動のはじまりである。1981年「連帯」活動は禁止されたが、1989年共産主義が崩壊の道を辿る中、「連帯」は合法化され、その後の活動は中東欧の民主化運動の先駈けとなった。
主な進出日系企業
味の素日本ガイシ鹿島など
日系企業現地法人数91社
日本からの進出企業数84社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

2012年(2人)、2011年(2人)、2010年(2人)、2009年(1人)、2007年(2人)、

(2)最近の現地支援プロジェクト
備考 ・人口:3890万人 首都:ワルシャワ 言語:ポーランド語

参考

ポーランド共和国のILO条約批准
[1]批准条約総数91条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2014年03月27日