JILAF Database/ナショナルセンター

南アフリカ全国労働組合協議会

組織名 南アフリカ全国労働組合協議会
National Council of Trade Unions(NACTU)  
住所 P.O.Box 10928
Johannesburg 2000
South Africa
又は
4th Floor Metropolitan Life Building,
108 Fox street,
Johannesburg 2000,
South Africa
電話番号 (27)- 11 - 333 1800
FAX番号 (27)- 11 - 333 1706
メールアドレスinfo@nactu.org.za
gs@nactu.org.za
ホームページ http://www.nactu.org.za
役員名議  長:Mr. Joseph Maqhekeni(石油関連労組出身) <2012年選出>
事務局長:Mr. Narius Moloto <2012年選出>
組合員数約32万人(女性:約12万人)<2008年1月1日現在>
執行委員数8名(女性:5名)
加盟組織19組織<2007年12月現在>
地方組織数22組織
主要加盟産別業種①化学・薬剤・弾薬製造 ②建設 ③公務 ④機械金属 ⑤運輸・貨物
加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・ITUCアフリカ地域組織(ITUC‐Africa)
・アフリカ労組統一機構(OATUU)
大会情報3年に1回

前回:2012年
次回:2015年
主要課題・活動方針1)社会保障制度の改革
2)電力危機への対応
3)技能開発
略史1986年:南アフリカ労組評議会(CUSA)とアザニアン労組総連合(AZACTU)とが合併して、CUSA-AZACTUという暫定名称で結成された、後NACTUに改称された。。中核となったCUSAは、80年に結成されている。南アフリカ労働組合会議(COSATU)が非人種主義の立場をとるのに対し、NACTUは、黒人の労働組合を標榜し、白人の支持・支援を拒否した。
1989年:組合員数は25万人(組合費納入人員は15万人)に達した。1989年:COSATUとのトップ会議への出席をめぐり内紛が起こり、キャメイ書記長が辞任した。
1990年:第3回大会の後、黒人急進派のパンアフリカニスト会議(PAC。1989年結成)と連携することに反対して、鉱山建設労組が脱退した。近年、組織人員の減少がみられる。
1997年:4月に発足した南アフリカ労組連合(FEDUSA)との合併の話し合いが公式・非公式に続けられた。なお、FEDEUSAは政府関係や地方自治体職員などホワイトカラー層を組織している。
2003年:政府が主催して「雇用問題トップ会談」(Job Summit)に参加。
主な進出日系企業
日立建機ブリジストンコマツなど
日系企業現地法人数56社
日本からの進出企業数53社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

2013年(1名)、2011年(1名)、2009年(1名)、2007年(1名)、2006年(1名)、2005年(1名)

(2)最近の現地支援プロジェクト
備考 南アフリカの人口:約5,119万人(黒人79%、白人9.6%、カラード(混血)8.9%、アジア系2.5%)

首都:プレトリア、言語:英語、アフリカーン語



他のナショナルセンター
・南アフリカ労働組合会議(COSATU、180万人):アフリカ民族会議(ANC)の 支援団体
・南アフリカ労働組合連合(FEDUSA、50万人)

参考

南アフリカ共和国のILO条約批准
[1]批准条約総数27条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2014年09月13日