JILAF Database/ナショナルセンター

マレーシア労働組合会議

組織名 マレーシア労働組合会議
Malaysian Trades Union Congress(MTUC)  
住所 Wisma MTUC, 10-5, Jalan USJ 9/5T, 47620 Subang Jaya, Selangor, MALAYSIA
電話番号 (60)-3-80242953
FAX番号 (60)-3-80243224
メールアドレスsgmtuc@gmail.com
ホームページ http://www.mtuc.org.my
役員名会  長: Mr. Abdul Halim Bin Mansor (石油化学労働組合)<2016年11月選出>
事務局長: Mr.J. Solomon(銀行労組)<2016年11月選出>
組合員数約26.7万人(女性:約8.7万人) <2016年12月現在>
執行委員数Working Committee(17人)
 ・会長、会長代行、事務局長、財務局長、副事務局長、副財務局長
 ・副会長(11人)=民間(6), 公務(3), 女性委員会議長、青年委員会議長
加盟組織212組織(産別+企業別組合)<2016年12月現在>
地方組織数-
主要加盟産別業種①製造 ②公務 ③公的機関 ④商業・金融 ⑤電力・郵便・通信 
加盟国際組織・国際労働組合総連合(ITUC)
・ITUCアジア太平洋地域組織(ITUC-AP)
・アセアン労働組合協議会(ATUC)

大会情報3年に1回開催

前回:2016年11月
次回:2019年
主要課題・活動方針1)労働法の全面的見直し
2)職場の安全衛生 
3)教育  
4)中核的労働基準
5)ディーセントワーク
略史1949年 組合員68,814人、83組合を代表する代議員160人が参集結成。
1955年 結社条例により登録。MTUCは共産党系の労組センターが非合法化された後に結成されたナショナルセンターで、共産主義者の反乱に対して最初の非常事態が宣言されたときに誕生した。当時は労働者を代表する全国組織はなかった。
1957年 マラヤ労働組合会議(MTUC)と名称変更。
1963年 現在の組織名称となる。組織人員50万となる。
1996年 ライバルのマレーシア労組組織(MLO)メンバーの多くがMTUCに加盟。MLOは解散。MTUCは官民統合。
主な進出日系企業
日本電気硝子セキコーポレーション住友商事など
日系企業現地法人数926社
日本からの進出企業数702社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

2016年(7人:ユース1人を含む)2015年(4人:ユース2人を含む)2014年(3人:ユース1人を含む)2013年(4人:再招聘2人を含む)2012年(4人)2011年(3人:再招聘1人を含む))2010年(2人)2009年(5人:再招聘1人を含む)

(2)最近の現地支援プロジェクト

2007年:普及セミナー

備考 ・マレーシア人口 2995万人 首都: クアラルンプール 言語:マレー語(国語)、中国語、タミール語、英語


参考

マレーシアのILO条約批准
[1]批准条約総数17条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2017年04月16日