JILAF Database/ナショナルセンター

カナダ労働会議

組織名 カナダ労働会議
Canadian Labour Congress(CLC)  
住所 2841 Riverside Drive, Ottawa, Ontaroi K1V 8X7 CANADA
電話番号 (613)-521-3400
FAX番号 (613)-521-8949
メールアドレスpresident@cls-ctc.ca
ホームページ http://www.clc-ctc.ca
役員名会 長:      Mr.Hassan Yussuff(前事務局長兼財務局長、カナダ自動車・航            空宇宙・運輸一般労働組合出身)
常任副会長:      Ms.Marie Clarke Walker
常任副会長:      Mr. Donald Lafleur
事務局長兼財務局長:  Ms.Barbara Byers(前常任副会長)


*CLC会長ユサッフ氏は1999年にCLCとしては初めて非白人の執行役員の常任副会長に選出され、2002年にはCLC事務局長兼財務局長に、2014年5月の大会でCLC会長に選出された。国際労働組合総連合・米州地域組織(ITUC-TUCA)会長でもある。
組合員数約330万人
執行委員数18人(女性:5人)
加盟組織12(federation of labour),52組合
111 district labour councils
地方組織数5地域事務所(regional office)
主要加盟産別業種①公務 ②自動車 ③鉄鋼 ④製紙 ⑤石油 ⑥食品 ⑦航空宇宙産業 ⑧運輸
加盟国際組織国際労働組合総連合(ITUC)
ITUC米州地域組織(ITUC-TUCA)
経済協力開発機構・労働組合諮問委員会(OECD-TUAC)



大会情報3年に1回開催

前回:2014年5月
次回:2017年
主要課題・活動方針1)組織化の推進 
2)中央・地方レベルの政治参加 
3)社会改革 
4)女性の経済的平等
5)雇用創出 
6)健康・安全・環境 
7)人権 
略史1956年 CLCは、カナダ産業労働会議(TLCC)とカナダ労働組合会議(CCL)が合併して結成された。組織労働者の58%、220万人を結集。

1973年トロントの労働組合会議の呼びかけで結成されたカナダ労働組合(CLU)が、1892年にTLCCと改称。CCLは、1927年に建設・金属労働者を中心に結成された。TLCCは主として職業別組合をCCLは主として産業別組合を代表していた。発足当初は、アメリカに本拠をおく北米組織加盟組合の組合員が多数を占めた。1985年にカナダ自動車労組(CAW)が、全米自動車労組(UAW)から分離独立した。
加盟3大労組は、カナダ公務員労組(CUPE)、全国地方公務員労組(NUPGE)とカナダ労務員労組(PSA)である。

CLCは、先進国のほとんどのナショナルセンターが1980年代から90年代にかけて組織人員の減少を被っているのに対し、結成以来、組織人員を維持、または増やしている。

2014年5月、第27回大会時の組織人員 約330万人。
主な進出日系企業
日本製紙花王アルパインなど
日系企業現地法人数281社
日本からの進出企業数223社
JILAFとの関係(1)最近の招聘者実績

1990年以来8人(男性1人、女性7人)を招聘。

2008年(1人)2006年(1人)2005年(2人)

(2)最近の現地支援プロジェクト
備考 ・カナダの労働組合はアメリカ合衆国に拠点を持つ産別組織を通じCLCに加盟しているケースが少なくない。アメリカの組織名称に入っているInternationalはカナダも代表していることを意味する。

参考

カナダのILO条約批准
[1]批准条約総数34条約
[2]中核的労働基準結社の自由及び団体交渉 第87号第98号
強制労働の禁止第29号第105号
児童労働の実効的な廃止第138号第182号
雇用及び職業における差別の排除第100号第111号
が批准済)

更新日: 2014年05月20日