バックナンバー

No.429(2016/12/1)
パキスタンのカーペットと織機の労働者が大幅賃上げ

 インダストリオールに加盟するラホールのカーペットと織機を組織する労働組合ILUCPは交渉の結果、賃金で14%のアップ、フィートあたりの賃金で20%の賃上げを実現した。

 賃金交渉は7月に5工場でスタートし、11月7日に64のカーペット工場で交渉がまとまった。その結果、12000人以上の労働者の賃上げが実現した。1日カーペットを80平方フィート洗浄する労働者の月額賃金は14000ルピーから16000ルピーに増加し、1日8時間労働の洗浄労働者の月額賃金は17000ルピーから19000ルピーに増加することになった。ILUCPはこれまでどおりカラチやペシャワール等他の都市での賃金増にこの結果を反映させる。
 同様に、パンジャブ州の繊維織機と衣服の労働組合TPGWUPは、グジランワラ地区の織機労働者のために14800ルピーから16000ルピーへ約8%の賃上げを実現した。TPGWUPは抗議デモを行い政府を通じて織機の雇用者に交渉のテーブルにつくよう圧力をかけ、厳しい交渉の後、11月8日労使は8000人の織機労働者の賃金増に合意した。TPGWUPは地区内の全ての2万人織機労働者にこの結果が波及することに尽力すると表明した。

 賃金の引き上げ自体は前向きで意義のあることだが、カーペットと織機双方の産業は多くの不安定労働者を雇用していることに労組は懸念を表明した。これらの不安定労働者の多くは法定社会保障と老齢者給付機構に登録されてない。数日中に、労組はカーペットと織機の労働者の不安定労働と社会保障の問題に対応して行く。


1パキスタンルピーは約1円
Ittehad Labour Union Carpet Industries Pakistan (ILUCIP)
The Textile Power Loom and Garment Workers Union of Punjab (TPGWUP)

発行:公益財団法人 国際労働財団  http://www.jilaf.or.jp/
Copyright(C) JILAF All Rights Reserved.