バックナンバー

No.275(2014/10/30)
バングラデシュ防火災・建物安全協定により1106の工場の労働安全監査が終了

 2013年4月24日に起きた、ラナプラザビル崩壊での1134人の死者を含む被害者計3600人への補償金について、事故後ILOの主導でラナプラザ信託基金が設立され、支払いが開始された。肝心の労働安全対策については、繊維産業を組織する国際労働組合組織インダストリオール(IndustriALL)と、NGOであるクリーン・クローズ・キャンペーン(Clean Clothes Campaign)、労働者の権利連合(Workers Rights Consortium)は、2013年5月15日、スウェーデンのH&M、ZARA、オランダのC&A、英国の小売り大手プライマーク(Primark)、テスコ(TESCO)、イタリアのベネトン(Benetton)など主要ブランド各社と「防火災・建物安全協定(Accord on Fire and Building Safety)」を締結し、2014年9月にようやく1106の工場で第一段階の監査が終了した。
 9月14日、防災・建物協定監査委員は監査結果について、バングラデシュの1106の工場を監査し、8万件以上の改善すべき事項を指摘した。協定監査委員の責任者、ブラッド・オーウェン氏は「すべての工場で事故が起こるかもしれない不安全事案があり、内容は小さなことから重大なことまで広範囲だ。監査チームは工場所有者、有名ブランド社、労働組合関係者と協力し、安全監査結果に基づき改善を実行した」と発表した。
 加重な生産負荷の減少や、生産計画への固執などに対する矯正対策から、より安全重視への課題が提起されている。例えば、非常口の設置や火災警報装置の導入、工場建築物に防火扉の設置、構造物の柱の強化などが指摘されている。
 監査をした結果、監査チームは17の工場建物の構造が安全レベル以下だと指摘した。この結果は直ちにバングラデシュ政府対策委員会に伝えられ、建物からの待避コースを設けることが勧告された。
 ユリキ・ライナインダストリオール書記長は、最初の監査が実施されたことを歓迎し、「協定による監査に従い、改善作業がスタートした。バングラデシュの縫製産業の労働安全と発展が真に実行される。今後も労働者の権利を保障できるしっかりした労働組合を組織してゆく」と表明した。

インダストリオールニュースより

バングラデシュの最低賃金水準

 バングラデシュの衣料の最低賃金を77%引き上げ月額で5300タカ(約7367円)にしたことについては、JILAFメールマガジン(No.224 2014/1/17)で発信済みであるが、衣料以外の業種の最低賃金のデータが入手できたので紹介する。
 バングラデシュの最低賃金は、通常5年ごとに改定されるためるため、2010年の改定以来据え置かれている業種もある。水準をみると「ベーカリー・ビスケット・菓子」は月額2120タカ(約2947円)と最も低い。最も高いのは、「建設・木材」の月額9982.5タカ(約1万3876円)となっている。バングラデシュの最低賃金は、基本給のほか、住宅手当、医療手当、通勤手当などからなっている。5年ごとの改定は、毎年上がる物価分が目減りすることになるため、労働者の生活から見れば問題は大きい。2013年は対前年比7.5%の上昇、2014年も7%台の上昇が見込まれている。
 バングラデシュの法定労働時間は1日8時間、週48時間で、残業を含め1日10時間、週60時間までの就労を可能としている。なお、残業には通常の賃金(時間額)の2倍を支払うことが義務付けられている。

下記の部門における最賃がバングラデシュ人民民主共和国政府によって発表された。

  業種 基本賃金 手当を含む基本賃金 円換算 改訂年
01. 民間部門 道路・運輸 4000.00 6300.00 8,757 2010
02. 石油精選、野菜生産 4800.00 7420.00 10,314 2010
03. ガラス、ケイ酸塩 3000.00 5000.00 6,950 2011
04. 印刷、プレス 3000.00 4450.00 6,186 2011
05. 再圧延機 2600.00 4600.00 6,394 2011
06. 製薬工場 2934.00 5201.00 7,229 2011
07. 綿繊維工業 2150.00 3302.50 4,590 2011
08. なめし皮工業 5500.00 8750.00 12,163 2011
09. 岩塩粉砕 3000.00 5300.00 7,367 2011
10. アルミ、エナメル工業 2500.00 4350.00 6,047 2012
11. パン、ビスケット、菓子 1400.00 2120.00 2,947 2012
12. 手巻きたばこ 2100.00 3450.00 4,796 2012
13. 精米所 3300.00 5520.00 7,673 2012
14. プラスチック工業 3500.00 5100.00 7,089 2012
15. 建設、林業 6950.00 9982.50 13,876 2012
16. 低温貯蔵 3500.00 6050.00 8,410 2012
17. 民間企業(家事労働、農業を除く) 1850.00 3000.00 4,170 2012
18. 自営のジュート工場 2700.00 4380.00 6,088 2013
19. ゴム工業 3000.00 4950.00 6,881 2013
20. 映画館 1450.00 2610.00 3,628 2013
21. 靴製造工場 2425.00 3652.50 5,077 2013
22. マッチ工業 2800.00 4560.00 6,338 2013
23. 被服 3000.00 5300.00 7,367 2013
24. ジュート加工業 2800.00 4850.00 6,742 2013
25. 製材工場 4000.00 6400.00 8,896 2013

*1タカ=1.39円(2014年10月28現在)

過去の関連記事
メルマガNo.254(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2014/254.html
メルマガNo.234(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2014/234.html
メルマガNo.224(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2014/224.html
メルマガNo.192(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2013/192.html
メルマガNo.191(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2013/191.html
メルマガNo.188(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2013/188.html
メルマガNo.177(http://www.jilaf.or.jp/mbn/2013/177.html

発行:公益財団法人 国際労働財団  http://www.jilaf.or.jp/
Copyright(C) JILAF All Rights Reserved.