JILAFについて

事業

人物招聘事業

設立当初から行なわれている中心的な事業です。アジアやアフリカ、中南米などの地域から、若手労働組合指導者を年間約12チームを招き、さまざまな研修を行なっています。2017年3月までに130ヵ国・3地域・6国際組織から3120人を招聘しています。

詳細はこちら

現地支援事業

1994年から開始した現地支援事業は、アジアを中心に34ヵ国・1地域でセミナーやワークショップを開催してきました。2017年3月までに3174回のセミナーを開催し、約10万3000人が参加しています。

詳細はこちら

人材育成

国際労働運動を担う人材を育成するため、英語研修や労働講義を行なっています。また、海外の研修コースに講師を派遣して、日本の労働運動を学ぶ機会を提供しています。

詳細はこちら

広報

JILAFの活動を広く周知することを目的として、ホームページや出版物の制作を行なっています。また、メーデーやNGOのイベントにも積極的に参加しています。

詳細はこちら